今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

牡蠣のオイル漬け

牡蠣のオイル漬け
プリプリ牡蠣のオイル漬け。オイスターソースで旨味アップ!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 魚介のおかず

牡蠣のオイル漬けのレシピをご紹介。

オイル漬けにすることで、牡蠣はプリプまさにお酒が飲みたくなる味です。

冷蔵庫で4〜5日は保存できるので、ちょっと多めに作っておけばさっと出せるおつまみとして便利♪

そのまま食べるのもいいし、サラダにしたり、パスタの具材にしたり色々なお料理に使えますよ!

材料

【材料(作りやすい分量)】
牡蠣        150g  
オイスターソース  小さじ1
オリーブオイル   適量
サラダ油      適量
塩         ひとつまみ

材料写真1

作り方

 

牡蠣は汚れが気になる場合は、塩水でさっと洗い、水気をペーパータオルでしっかりとふきとる。塩ひとつまみをもみこむ。

1
STEP2

フライパンを熱し、①の牡蠣を中火で乾煎りする。

2
STEP3

全体に火が通ったら、オイスターソースを絡め、粗熱をとる。

3
STEP4

熱湯で消毒した瓶に③の牡蠣を入れて、浸るくらいのオイル(オリーブオイルとサラダ油を半々くらいで)を注ぐ。

4

このレシピのコツ・ポイント

オイスターソースを絡めることで旨みアップ!油はオリーブオイルとサラダ油を半々にすることで、冷蔵庫で保存しておいても、油が固まることを防げます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この牡蠣のオイル漬けには辛口白ワインを合わせるのがオススメ。

牡蠣の濃厚な旨みに合わせて、ワインにも旨みがあるものを。
海の近くで作られているワインを合わせると臭みが出にくいです。

例えばこんなワイン

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

ピエロ・マンチーニ

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / サルデーニャ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

海の近くで作られているからこそのワインのミネラル感が、牡蠣の旨味とマッチ。かきの素材の美味しさをさらに引き立ててくれるマリアージュです。

ナイロア

ボデガス・ナイロア

ナイロア

  • デイリークラス
  • スペイン / ガリシア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

旨味をしっかり感じるワインで、牡蠣とも相性抜群。フレッシュな酸味はオイルの風味を綺麗に流してくれます。

フェウド・アランチョ インツォリア

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ インツォリア

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ミネラル感豊かなワインで、牡蠣の濃厚な旨味とマッチ。臭みも出ず、美味しさを引き出します。キリッとした酸味は、レモンを絞って食べる時のようなアクセントになります。

バルミニョール アルバリーニョ

アデガス・バルミニョール

バルミニョール アルバリーニョ

  • カジュアルクラス
  • スペイン / ガリシア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

豊かなミネラル感が、牡蠣の濃厚でミルキーな旨味をより引き立てます。フレッシュな酸味はオイルとの相性も抜群です。

マストロ ビアンコ カンパーニア

マストロベラルディーノ

マストロ ビアンコ カンパーニア

  • カジュアルクラス
  • イタリア / カンパーニア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

瑞々しい果実味と、旨味は牡蠣の旨味と相性ぴったり。フレッシュな酸味が油をさらっと流してくれます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。