今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

豚肉の中華風醤油煮込み
by 大橋 みちこ

家で楽しむ本格中華と赤ワインのマリアージュ

豚肉の中華風醤油煮込み

材料

  • 【材料 2〜3人分】
  • 豚肩ロース塊    約400g
  • 塩         小さじ1/3
  • 卵         1個
  • 片栗粉       小さじ2
  • ニンニク      1片
  • 生姜        1片(約10g)
  • サラダ油      大さじ1
  • 醤油        大さじ2
  • 砂糖        小さじ2
  • 赤ワイン      大さじ2
  • 水         250cc
  • 五香粉       少々(あれば)
  • 胡椒        たっぷりめ
  • 青梗菜       2株

作り方

豚肩ロースの代わりにスペアリブを使っても美味しくできます!胡椒をたっぷりとふるのも、ポイントです。
STEP1
豚肉は、8等分くらいに切る。
STEP2
ビニール袋に塩、溶き卵、片栗粉を入れ、②の豚肉も加えて揉み込み10分置く。
STEP3
ニンニクと生姜は薄切りにする。
STEP4
鍋に揚げ油を熱し、170〜180℃くらいの温度で①の豚肉を表面にこんがりと色づくくらいまで揚げる。ペーパータオルの上などに取り出す。
STEP5
フライパンにサラダ油を熱し、ニンニクと生姜を中火で炒める。醤油、砂糖、赤ワイン、水、④の豚肉を加えて、汁気がほとんどなくなるまで中火で煮る。
STEP6
火を止める前に、五香粉と胡椒を少々加えて軽くあえ、最後2〜3分煮詰める。
青梗菜は、縦に半分に切り、塩少々を加えた湯で1分半茹でて、ざるにあげる。器に⑥の豚肉と共に盛り、フライパンに残ったタレをかける。

"豚肉の中華風醤油煮込み "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

甘辛い醤油味が、赤ワインの凝縮した果実味と好相性。ワインにスパイシーな香りがあると、五香粉や胡椒のスパイシーな風味ともマッチ。料理にボリューム感があるので、ミディアム〜フルボディのしっかりした赤ワインがオススメです。

例えばこんなワイン

バルベーラ・ダルバ ルビアバルベーラ・ダルバ ルビア
アジィエンダ・アグリコーラ ムステラ
バルベーラ・ダルバ ルビア
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / ピエモンテ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
凝縮した果実味と、煮詰めた醤油の風味がマッチ。スパイシーな香りもあり、胡椒や五香粉の香りとも好相性です。
モンティ・ガルビ ヴァルポリチェッラ・リパッソ・スペリオーレモンティ・ガルビ ヴァルポリチェッラ・リパッソ・スペリオーレ
テヌータ・サンアントニオ
モンティ・ガルビ ヴァルポリチェッラ・リパッソ・スペリオーレ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / ヴェネト
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
凝縮しつつ滑らかな果実味は、煮込んだ醤油の甘辛い風味と抜群の相性。豚肉のボリューム感にも負けないボリューム感があり、豚肉の旨味を引き立てます。
ビリッロビリッロ
テヌータ・マルシリアーナ
ビリッロ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • フルボディ
  • スティルワイン
パワフルで飲みごたえのある果実味は、料理のボリューム感とマッチ。渋みや酸味はまろやかで煮詰めた醤油の風味と相性抜群。
レディモーレ イルピニア アリアニコレディモーレ イルピニア アリアニコ
マストロベラルディーノ
レディモーレ イルピニア アリアニコ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / カンパーニア
  • フルボディ
  • スティルワイン
果実味がぎゅっと詰まった芳醇な風味が、料理の濃厚な味わいとマッチ。醤油の甘辛い風味をより引き立てます。
コレッツィオーネ・チンクアンタ +2コレッツィオーネ・チンクアンタ +2
サン・マルツァーノ
コレッツィオーネ・チンクアンタ +2
  • 国旗
  • スーペリアクラス
  • イタリア / プーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
凝縮した黒果実風味のふくよかさや、たっぷりとしたボリューム感が、豚肉のボリューム感や煮詰めた醤油の風味とマッチ。スパイシーな香りは胡椒や五香粉と好相性。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。