今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

鯛と塩昆布と木の芽のカルパッチョ
by 大橋 みちこ

塩昆布の旨味と木の芽の爽やかさを楽しむカルパッチョ。塩昆布の旨味が染み出たオリーブオイルが絶品です。

鯛と塩昆布と木の芽のカルパッチョ

材料

  • 【材料 2人分】
  • 鯛のお刺身     約100g
  • 塩昆布       3g
  • 木の芽       3〜4枚
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 塩         少々
  • レモン       1切れ

作り方

塩昆布はオリーブオイルに浸しておくことで食感も味も柔らかくなります。塩昆布の旨味が溶け出してオリーブオイルも美味しく。
STEP1
塩昆布を刻んでオリーブオイルに浸して5分置く。
STEP2
鯛のお刺身をお皿に並べ、塩を軽くふる。食べる直前までラップをして冷蔵庫に入れておく。
②のお皿に①の塩昆布とオリーブオイルをまわしかけ、木の芽を散らして、レモンを添える。

"鯛と塩昆布と木の芽のカルパッチョ "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

ミネラル感を感じる辛口白ワインがオススメ。
鯛は味が繊細なので、まず色は白を。塩昆布の濃厚な旨味に合わせて、ミネラル感が豊かな(海の近くだったり、シャブリのようにミネラル豊かな土壌だったり)ワインを選ぶと、昆布の旨味がさらに引き立ちます。
キリッとした酸味はレモンの酸味や木の芽の爽快感とマッチ。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com