今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

タラの白子とじゃがいものトマトソース蒸し

タラの白子とじゃがいものトマトソース蒸し

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

冬といえば、白子!
鱈の白子がおいしい時期ですね。
とろ〜っととろける濃厚な味わいは、季節を感じる最高の贅沢です。
白子ポン酢や、焼き白子も最高だけど、今日はちょっとイタリア風に。
トマトの旨みや甘み、酸味がぎゅっと詰まったソースが白子にピッタリなんですよ♪

材料

【材料 2人分】

タラの白子   150g
じゃがいも   小2個(約200g)
ミニトマト   15個
にんにく    1〜2片
パセリ     大さじ1(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ3
塩       小さじ1/4
胡椒      好きなだけ

材料写真1

作り方

STEP1

ミニトマトはヘタを取って半分に切り、にんにくはスライスする。

1
STEP2

ボウルか瓶に①のトマトとにんにくを塩と共に入れ、ハンドミキサーにかけてソース状にする(ハンドミキサーがなければ、フードプロセッサーやミキサーでもいい。それもなければ、包丁でできるだけ細かく切る)。

2
STEP3

鍋にオリーブオイルと①を入れて中火にかけ、グツグツしてきたら弱火にして7〜8分、ソースが少し煮詰まるくらいまで煮る。

3
STEP4

じゃがいもは洗って、皮ごとラップに包んで、600Wのレンジで約5分、竹串がすっと通るくらいまで加熱する。あら熱が取れたら皮をむいて、7〜8mmの厚さに切る。

4
STEP5

白子の下処理をする。塩を入れた水でさっと洗い、ざるに入れ、熱湯をかける。

5
STEP6

③の鍋に④のじゃがいもを加えて3分煮る。

6
STEP7

⑥の鍋に更に白子を入れて蓋をして、2分蒸す。味見して塩が足りなければ、塩で味を整え、パセリと胡椒をふり、一混ぜする。

7

このレシピのコツ・ポイント

ジャガイモがちょっと崩れてソース状になって白子に絡むくらいがベスト。
缶詰のホールトマトを使ってもいいですが、味が強いので白子の味が負けてしまいがち。フレッシュなミニトマトを使うと甘みが強く、程よい酸味でとってもおいしくできますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

ミネラル感豊かな辛口白ワインがオススメ。
特に、イタリアのシチリアやサルデーニャなどの島ワイン、リグーリアのワインなど、海の近くで作られるワインには、魚介類に合うミネラル感がたっぷりの場合が多いので、合わせやすいですよ。

例えばこんなワイン

ソラリス コッリ・ディ・ルーニ ヴェルメンティーノ

ヴィニコラ・ラ・バイア・デル・ソーレ・ディ・フェデリーチ・ジューリオ

ソラリス コッリ・ディ・ルーニ ヴェルメンティーノ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / リグーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

白子の旨とワインのミネラル感がマッチ。ふくよかな果実味が、料理全体のボリューム感と合います。
トマトの甘酸っぱさとワインの酸味も相性抜群です!