今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

ブリと春菊のカルパッチョ 熱々ガーリックオイル
by 大橋 みちこ

カリカリのニンニクとシャキシャキの春菊、香ばしい香りが食欲をそそる、ワインに合うブリのカルパッチョ。

ブリと春菊のカルパッチョ 熱々ガーリックオイル

材料

  • 【材料 2人分】 
  • ブリ(刺身用)  150g
  • 春菊       2〜3本(約30g)
  • ミョウガ     1個
  • ニンニク     1片
  • オリーブオイル  大さじ2
  • 醤油       小さじ2
  • 粒マスタード   小さじ1
  • 粗びき黒胡椒   少々
  • 塩        少々

作り方

ブリは温度が上がると臭みが出やすいので、並べたら冷蔵庫でしっかり冷やしておきましょう。春菊の茎はなるべく細かく切った方が食べやすい食感になります。
ブリはさくの場合はそぎ切りにして、切れている場合はそのままお皿に並べ、ラップをして冷蔵庫で冷やす。
春菊は葉と茎を分け、茎はなるべく薄く、葉は1cmの長さに切る。ミョウガは縦半分に切り斜め薄切りに、ニンニクはみじん切りにする。
醤油とマスタードを混ぜておく。
①の皿を冷蔵庫から出し、ブリに塩少々をふり、春菊とミョウガをのせ、③のタレをまわしかける。
小さめのフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、ニンニクがこんがりするまで熱し、春菊の上全体にまわしかける。

"ブリと春菊のカルパッチョ 熱々ガーリックオイル"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

辛口のロゼか軽めの赤ワインを合わせるのがおすすめ。
ブリは白身よりも風味が強く、醤油のコクや春菊の香りの強さもあるので、ワインもコクがあったほうが合います。とはいえ赤の場合は魚の味わいを消してしまわないよう軽めで。
海の近くの産地のものやミネラル感が強いワインを選ぶと、ブリの旨味を受け止めます。
ワインの酸味と寄り添うマスタードの酸味がペアリングのポイントです。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com

同じ食材(春菊)を使ったレシピ

同じ食材(みょうが)を使ったレシピ