今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

豚肉の中華風醤油煮込み

豚肉の中華風醤油煮込み
おうちで楽しむ中華とワイン!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

おうちで楽しめる、そして赤ワインにぴったりの豚肉を使った中華風の煮込み料理をご紹介。

五香粉(ウーシャンフェン)というスパイスを使うことで、本格的な味わいに。
スーパーマーケットで売っているスパイスなので、手軽に買うことができます。
醤油の甘辛い風味とスパイスの風味は、赤ワインの凝縮した果実味や、スパイシーな香りと相性抜群。

赤ワインが進む、そしてご飯にも合うレシピです。

材料

【材料 2〜3人分】
豚肩ロース塊    約400g
塩         小さじ1/3
卵         1個
片栗粉       小さじ2
ニンニク      1片
生姜        1片(約10g)
サラダ油      大さじ1
醤油        大さじ2
砂糖        小さじ2
赤ワイン      大さじ2
水         250cc
五香粉       少々(あれば)
胡椒        たっぷりめ
青梗菜       2株

作り方

STEP1

豚肩ロースは、8等分くらいに切る。

1
STEP2

ビニール袋に塩、溶き卵、片栗粉を入れ、①の豚肉も加えて揉み込み10分置く。

2
STEP3

ニンニクと生姜は薄切りにする。

3
STEP4

鍋に揚げ油を熱し、170〜180℃くらいの温度で①の豚肉を表面にこんがりと色づくくらいまで揚げる。

4
STEP5

フライパンにサラダ油を熱し、ニンニクと生姜を中火で炒める。醤油、砂糖、赤ワイン、水、④の豚肉を加えて、汁気がほとんどなくなるまで中火で煮る。火を止める前に、五香粉と胡椒を少々加えて軽くあえ、最後2〜3分煮詰める。

5
 

青梗菜は、縦に半分に切り、塩少々を加えた湯で1分半茹でて、ざるにあげる。

6
 

器に⑤の豚肉と⑥の青梗菜を盛り、フライパンに残ったタレをかける。

7

このレシピのコツ・ポイント

五香粉(ウーシャンフェン)は、花椒(または山椒)、クローブ、シナモンなどを配合した、中国の代表的なミックススパイス。これひとつで一気に本格的な味わいに。スペアリブでも美味しくできます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、ミディアム〜降るボディの赤ワイン。醤油の甘辛い風味に合わせて、果実の甘味がしっかり感じられるワインを選ぶと相性が良いです。

例えばこんなワイン

バルベーラ・ダルバ ルビア

アジィエンダ・アグリコーラ ムステラ

バルベーラ・ダルバ ルビア

  • カジュアルクラス
  • イタリア / ピエモンテ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

甘辛い醤油味が、バルベーラの凝縮した果実味と好相性。ワインに感じるほのかなスパイス感が、五香粉や胡椒のスパイシーな風味ともマッチ。

ロンコ・ノーレ

アジィエンダ・アグリコーラ・ディ・レナルド

ロンコ・ノーレ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / フリウリ ヴェネツィア・ジューリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインに感じるチェリーのような熟した果実味が醤油の甘辛い風味とマッチ。滑らかな質感が煮込んだ豚肉の柔らかい質感とも合います。

カンタルピ リゼルヴァ コンティ・ゼッカ

アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ

カンタルピ リゼルヴァ コンティ・ゼッカ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのスパイシーな香りと、五香粉の香りが絶妙な相性。プラムのような果実味は醤油の甘辛い風味ともマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。