今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

チキンソテー 春菊ジェノベーゼ添え

チキンソテー 春菊ジェノベーゼ添え

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず お肉のおかず

今日のメインは鶏もも肉。
ソテーにするとまわりはカリッとしてるのに、噛んだ瞬間口の中にじわ〜っと肉汁が広がって。。おいしいですよね。
今日は一工夫したソースを添えます。
それは「春菊」のジェノベーゼ!
普通はバジルで作りますが、代わりに「春菊」で作ります。香りと苦みのある春菊はとってもおいしいソースにもなるんですよ♪

材料

【材料 2人分】

[春菊ジェノベーゼ(作りやすい分量)]
春菊      1束(約130g)
松の実     大さじ2
粉チーズ    大さじ3
オリーブオイル 大さじ6
塩       小さじ1/3〜1/2

鶏もも肉    1枚(300gくらい)
塩       小さじ1/4
胡椒      好きなだけ

材料写真1

作り方

STEP1

春菊は洗って、半分に切る。鍋に湯をわかし、まず茎の方を入れて1分ゆでて、葉の方を入れて更に30秒ゆで、ざるにあげてサッと水にさらして水気を切り、3〜4cmの長さに切る。

1
STEP2

松の実をフライパンで脂がにじみ出るくらいまで炒る。

2
STEP3

①の春菊、②の松の実、粉チーズ、オリーブオイル、塩を器に入れ、ハンドブレンダーでペーストにする。(なければすり鉢ですったり、フードプロセッサーでもOK。)

3
STEP4

ソースは完成。保存瓶に入れて3〜4日は日持ちします。

4
STEP5

鶏もも肉に塩、胡椒をまぶす。フライパンを温め、油をしかずに鶏肉を皮目を下にして置き(テフロン加工でなければ、くっついちゃうので油をほんの少しひいてください)、弱火で30〜40分焼く。

5
STEP6

7割〜8割火が通ったら、裏返して更に焼く。中まで火が通ったらお皿に盛る。春菊ジェノベーゼを添える。

6

このレシピのコツ・ポイント

鶏肉はじっくりゆっくり焼くと、外側はカリッと、内側はしっとりジューシーに焼き上がります。重しにお皿を使ったりする必要もありません。ふたをして蒸し焼きにすると、早く中まで火は通りますが、外側のカリッといかず、しっとりしてしまったりするので、1度この焼き方試してみてください!

春菊ジェノベーゼは他にも、パスタに和えたり、ジャガイモに和えたり、色々な使い方ができますよ♪

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

赤ワインは重くなければ、全般的に合いますが、特におすすめは、カベルネ・フランかカベルネ・ソーヴィニヨンを使ったもの。
この二つの品種は春菊と似た香りがあるので相性ピッタリです。

例えばこんなワイン

レ・タンヌ オクシタン カベルネ・ソーヴィニヨン

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン カベルネ・ソーヴィニヨン

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

豊かな果実味が、肉の旨みと合います。カベルネらしい爽やかな香りが、春菊の香りと心地よいマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン好きの料理研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。

口コミ

春菊のジェノベーゼって珍しいですね!作ってチキンとワインと合わせてみたいです♪
2015/03/12by イマジュン☆