今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鮭のムニエル ディルとサワークリームオニオンのディップ

鮭のムニエル ディルとサワークリームオニオンのディップ
サワークリームとディルのディップで、シンプルな鮭のムニエルがおしゃれに変身!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 魚介のおかず

スーパーでも定番の鮭。
秋には、秋鮭がずらっと並びますし、それ以外の季節もノルウェーサーモンなど美味しい鮭は手に入ります。

今回は、鮭を使った白ワインにピッタリのレシピをご紹介!

簡単なのにおしゃれで美味しくて、何よりワインに合います。
ホームパーティーにも使えるレシピです。

材料

【材料 2人分】

鮭        2切れ
小麦粉      大さじ2
サワークリーム  60g
タマネギ     30g(紫タマネギ)
ディル      4本
オリーブオイル  大さじ1
塩        小さじ1/4 + 少々
胡椒       適量
添える野菜    適量
(今回はベビーリーフを使用)

材料写真1

作り方

STEP1

ディップを作る。タマネギはみじんぎりにして、2〜3分水にさらし、水気を切る。

1
STEP2

ディルは固い茎からやわらかい葉を摘み、手で適当にちぎる。ボウルに入れて、サワークリーム、①のタマネギ、塩小さじ1/4、胡椒を加えて混ぜる。冷蔵庫で冷やしておく。

2
STEP3

鮭を半分に切り、両面に塩少々をふる。5分置いて出てきた水分をペーパータオルでふきとる。

3
STEP4

③の鮭に小麦粉をまぶす。

4
STEP5

フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭の皮面を下にして並べ、弱めの中火で焼く。いい焼き色が付き、上の方まで白っぽく火が通ったら、裏返して、弱火でじっくり中まで焼く。

5
 

お皿に添え野菜を敷き(添えてもいい)、鮭を置いて、ディップをのせる。

6

このレシピのコツ・ポイント

タマネギは普通のものでもいいですが、紫タマネギを使うと彩りがきれいです。
鮭は一切れそのまま焼いてもいいですし、一口サイズに切って焼いてもいいですし、好きなサイズで作ってください。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワイン。ディルの爽やかな風味とサワークリームの酸味がきいているので、ワインも爽やかな香りや程よい酸味があるものが合います。
イチオシは、ソーヴィニヨン・ブランという品種。ハーブのような爽やかな香りが特徴の品種なので相性バッチリです。

例えばこんなワイン

シャトー・ラモット・ヴァンサン 白

シャトー・ラモット・ヴァンサン

シャトー・ラモット・ヴァンサン 白

  • カジュアルクラス
  • フランス / ボルドー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ハーブを想わせるワインの香りが、ディルの香りとマッチ。酸味はサワークリームの酸味と、果実味は鮭の旨みと心地よいマリアージュ。

シャトー・ド・フォントニーユ 白

シャトー・ド・フォントニーユ

シャトー・ド・フォントニーユ 白

  • カジュアルクラス
  • フランス / ボルドー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのフレッシュな酸味と爽やかな風味が、ディルを加えたサワークリームディップと抜群の相性。

レ・タンヌ オクシタン ソーヴィニヨン・ブラン

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン ソーヴィニヨン・ブラン

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

程よいボリューム感の果実味が、鮭の旨みや脂の甘みとマッチ。フレッシュな酸味はサワークリームと心地よいマリアージュ。

ガンマ オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ

ベサ

ガンマ オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ

  • デイリークラス
  • チリ / アコンカグア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

爽やかなハーブのような香りのソーヴィニヨン・ブランは、ディルの爽快感やサワークリームの酸味と好相性。さっぱりとしたマリアージュ。

ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン

サザン・バンダリー・ワインズ

ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ジューシーな果実味は鮭の脂の旨みとマッチ。ソーヴィニヨン・ブランならではの爽やかな香りは、ディルとサワークリームの風味とベストマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。