今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

エビとクレソンの餃子
by 大橋 みちこ

海老の甘味とクレソンのほろ苦さが溢れる餃子。海老のプリプリ食感とクレソンのシャキシャキ食感も楽しめます。
粒マスタードと醤油のタレで食べるとワインとの相性もピッタリに。

エビとクレソンの餃子

材料

  • 【材料 2〜3人分(大判約20個分)】 
  • 豚ひき肉     300g
  • エビ       正味180g
  • 餃子の皮(大判) 約20枚
  • 春キャベツ    200g
  • (普通のキャベツでも)
  • クレソン     100g
  • ニンニク     1片
  • 生姜       15g
  • オイスターソース 小さじ2
  • 醤油       小さじ2
  • 酒        小さじ2
  • 片栗粉      小さじ2
  • ごま油      小さじ2
  • 塩        小さじ1/2 + 小さじ1/6
  • [たれ]
  • 醤油       適量
  • 粒マスタード   適量
  • 粗挽き黒胡椒   適量

作り方

春キャベツは1cm角くらい、クレソンは1cm幅に切って両方ともボウルに入れ、塩小さじ1/2をまぶして5〜10分置く。水分が出てきたらしっかりと絞る。
ニンニクと生姜もみじん切りにする。
エビは殻をむき、竹串で背ワタを抜き、片栗粉(分量外)を揉み込んで洗う。1cmの長さに切る。
ボウルに豚ひき肉と塩小さじ1/6を入れてよく混ぜる。オイスターソース、醤油、酒、片栗粉、ごま油各小さじ2を入れてよく混ぜる。
①のキャベツとクレソン、②のニンニクと生姜、③のエビオを加え、よく混ぜる。
餃子を包む。
[焼き餃子の場合]フライパンにごま油適量(分量外)を熱し、餃子を並べて中火で焼く。焼き色がついたらお湯を注いで、蓋をして更に弱めの中火で2〜3分焼く。蓋をあけて水分を飛ばし、ごま油を足してカリッと焼く。たれを添える。
[水餃子の場合]鍋に湯をわかし、餃子を入れて約3〜4分ゆでる。(一度に全部ゆでると、お湯の温度が下がってしまうので何回かに分ける。)たれを添える。

"エビとクレソンの餃子 "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

エビとの色合わせでロゼスパークリングが特にオススメ!
ロゼならではの程よい果実のボリューム感がエビの旨味を引き立てつつ、優しい甘味がクレソンのほろ苦さを包み込むペアリング。泡の爽快感は餃子の油をさっぱりと流してくれます。

酸味がフレッシュな辛口ロゼワインでも。
特に海の近くで造られたものだと旨味(ミネラル感)があり、エビの旨味と寄り添います。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com

同じ食材(海老)を使ったレシピ

同じ食材(クレソン)を使ったレシピ