今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

マグロのスパイシータルタル

マグロのスパイシータルタル
マグロを使った、切って混ぜるだけの簡単レシピ。バゲットやクラッカーにのせてカナッペにしても。

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 魚介のおかず

マグロを使ったタルタルのレシピをご紹介。

具材を切って混ぜるだけなのでとっても簡単。
疲れて帰った時にさっとできるおつまみにもなるし、見た目がおしゃれなので、ホームパーティーの一品としても便利!

マグロは赤身のお魚なので赤ワインと合わせるのがオススメ。
今の時期でしたら、カツオで作ってもおいしいですよ。

材料

【材料 3〜4人分】

マグロ(赤身)     250g
タマネギ(紫タマネギ) 1/6個(40g)
ケッパー        15g
イタリアンパセリ    2本 + 飾り用
にんにく        1/2片
粒マスタード      大さじ1/2
バルサミコ酢      大さじ1
醤油          大さじ1/2
塩           適量
胡椒          適量
バゲットやクラッカー  適量

作り方

STEP1

マグロは、8mm角くらいに切り、ボウルに入れる。

1
STEP2

タマネギは、みじん切りにして、水にさらし、水気をしっかり切る。

2
STEP3

ケッパーとイタリアンパセリは粗みじん切りにする(飾り用は、葉の部分を適当にちぎっておく)。にんにくはすりおろす。

3
STEP4

①のボウルに、②の具材とバルサミコ酢、粒マスタード、醤油、胡椒を加えて混ぜる。塩で味を整える。

4
 

お好みでパンやクラッカーにのせ、イタリアンパセリをのせる。

5

このレシピのコツ・ポイント

胡椒をたっぷりときかせることがポイント!マグロの脂と胡椒のスパイシーさは好相性です。
タマネギを紫タマネギにすると彩りがきれいになります。
バルサミコ酢を使う事で、酸味とコクが加わって、味わいに深みが出ますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、ライト〜ミディアムボディの赤ワイン。マグロの赤身は赤ワインの凝縮した果実味とマッチ。バルサミコのまろやかな酸味、醤油のほのかな酸味はワインの酸味とも相性◎。ケッパーや、マスタードの酸味もワインの酸味と心地よいマリアージュ。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの豊かな果実風味は、マグロの旨みや醤油のコクとマッチ。上品な酸味も料理の酸味と調和して、心地よいマリアージュ。

アップル・ツリー・フラット シラーズ

ローガン・ワインズ

アップル・ツリー・フラット シラーズ

  • デイリークラス
  • オーストラリア / ニュー・サウス・ウェールズ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

シラーズならではのスパイス感が、マスタードや胡椒のスパイシーな味わいとマッチ。程よいボリューム感が料理の味わいを引き立てます。

ラッチ・デ・ライム 赤

セリェール・ピニョル

ラッチ・デ・ライム 赤

  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

果実味が豊かで、マグロの旨みや醤油のコクと相性ピッタリ。ほのかなスパイス感が、マスタードや胡椒の味わいとマッチして、料理全体の味わいを引き立てます。

ムスケン

アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ

ムスケン

  • カジュアルクラス
  • イタリア / マルケ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかな果実味や旨みは、マグロの旨みとも好相性。フレッシュな酸味は、バルサミコ酢やケッパーの酸味と心地よく寄り添います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。