今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

カツオのカルパッチョ

カツオのカルパッチョ
大葉やみょうが、生姜など薬味たっぷり。マスタードとスダチの酸味もきかせたワインに合うカルパッチョ。

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 赤ワインに合う 魚介のおかず

今日はワインに合うカツオのカルパッチョレシピをご紹介!

カツオが美味しいのは年に2回。
5〜6月頃の「初鰹」と、8〜9月の「戻り鰹」。
今はちょっと合間の時期ではなりますが、これから脂がのった戻り鰹の季節になります♪

大葉やミョウガ、生姜をたっぷり使って、マスタードや柑橘で酸味をきかせると、カツオの臭みを感じなくなって、ワインとの相性もよくなります。

是非お試しください!

材料

【材料(2〜3人分)】

カツオ(刺身用)  約150g
大葉        5枚
みょうが      1個
スダチ       1/2個
生姜        約7g
醤油        大さじ1
粒マスタード    小さじ1
オリーブオイル   大さじ1
胡椒        適量

材料写真1

作り方

STEP1

カツオはさくの場合は、お刺身用に切る。おろし生姜と醤油とマスタードを混ぜ、カツオを10分つけておく。

1
STEP2

大葉は千切り、みょうがは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

2
STEP3

お皿①のカツオを並べ、余ったタレはまわりかける。スダチ果汁とオリーブオイルをまわしかけ、みょうがと大葉をのせて、胡椒をふる。

3

このレシピのコツ・ポイント

大葉やみょうがはたっぷり使うと香りが強くなって、とても美味しいです。カツオの臭みも感じなくなります。
スダチの代わりに、カボスやライムなど別の柑橘を使ってもOK。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワインかライト〜ミディアムボディの赤ワイン。
白ワインの場合は、果実のボリュームや旨み(ミネラル感)がしっかりあるものがオススメ。海の近くで造られている旨みたっぷりのワインだと、カツオの旨みともマッチします。
赤ワインだったら、軽めのものがオススメ。カツオの鉄分は赤ワインの旨みとも好相性。
どちらのワインに合わせる時も、マスタードの酸味や大葉、みょうがの香りあアクセントになって相性をよりよくしてくれます。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ グリッロ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ グリッロ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

しっかりめの果実味と旨みは、カツオの旨みとマッチ。薬味や柑橘で香りや酸味を加えているので、白ワインのフレッシュな風味や酸味とよく合います。

ナイロア

ボデガス・ナイロア

ナイロア

  • デイリークラス
  • スペイン / ガリシア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

豊かなミネラル感が、カツオの旨みを受け止めます。キリッとしたワインの酸味は、柑橘やマスタードの酸味ともマッチ。

ピノ・ノワール スブソルム

クロ・デ・フ

ピノ・ノワール スブソルム

  • カジュアルクラス
  • チリ / -
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

エレガントなピノ・ノワール。繊細な酸味と、豊かなミネラル感が、カツオの旨みや薬味の風味と心地よいマリアージュ。

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

ビーニャ・バルディビエソ

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • チリ / アコンカグア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

程よいコクと優しい甘みの果実味が、カツオの旨みや醤油のコクとマッチ。フレッシュな酸味は、柑橘やマスタードの酸味と寄り添います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。