WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

ブリのカルパッチョ ゴマポンマヨソース

ブリのカルパッチョ ゴマポンマヨソース
ゴマとポン酢とマヨネーズで簡単カルパッチョソース!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 魚介のおかず

今回はブリのカルパッチョ。
マヨネーズとポン酢とゴマ。
馴染みのあるこの調味料で美味しいカルパッチョソースができます。
ポイントになるのはケッパーの酸味。ゴマの香ばしさもコクになります。
マヨネーズの油分は魚の臭みをマスキングしてくれる効果もあるので、ワインに合わせるときは特に使えるアイテムですね♪

材料

【材料 2〜3人分】

ブリ(刺身用)  180g
お好みの葉野菜  20g
(今回はわさび菜を使用。他の野菜でも)
塩        少々

[ソース]
マヨネーズ    大さじ2
ポン酢      大さじ1
いりごま     小さじ2(白と黒半々)
ケッパー     小さじ2
オリーブオイル  大さじ1/2
胡椒       適量

材料写真1

作り方

STEP1

ごまをフライパンで乾煎りする。

1
 

ブリはさくの場合は、薄く切る。(ギリギリまで冷蔵庫に入れておく)

2
STEP3

葉野菜は一口大にちぎる。

3
STEP4

ケッパーは粗く刻み、ソースの材料を混ぜる。

4
STEP5

お皿にブリを並べ、軽く塩をふる。上に葉野菜を盛り、ソースを回しかける。

5

このレシピのコツ・ポイント

ちょっと手間ですが、胡麻はフライパンで炒ると香りがぐっとよくなります。

たっぷり野菜を乗せてサラダ感覚で食べるのがおすすめ。今回はわさび菜を使いましたが、ルッコラとかベビーリーフ、クレソンなど何でもお好みのものを使ってください。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、軽めの赤ワイン。
ブリは、身の色が赤め。血合いの部分も多いので、白ワインを合わせると生臭さが出がち。
とは言え、濃い赤ワインだとブリの旨味を隠してしまうので、軽めの赤ワインがオススメです。
品種でいうとピノ・ノワールとか、海の近くで造られるワインとかがいい。
ポン酢やケッパーの酸味とワインの酸味も心地よく合います。

例えばこんなワイン

ピノ・ノワール スブソルム

クロ・デ・フ

ピノ・ノワール スブソルム

  • カジュアルクラス
  • チリ / -
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

綺麗な酸味はポン酢やマヨネーズの酸味とマッチ。豊かな旨味がブリの旨味を引き立てます。

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

ビーニャ・バルディビエソ

ヴァレー・セレクション ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • チリ / アコンカグア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

程よいボリューム感が料理の味わいとマッチ。綺麗な酸味がソースの酸味と寄り添い、ブリの旨味をより一層引き立てます。

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ

マストロベラルディーノ

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / カンパーニア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

程よい酸味と綺麗な果実味は、ソースの酸味やブリの脂のコクとマッチ。スパイシーな香りがほのかに香り、胡椒とも合います。

シャトー・ド・リブボン

アラン・オベール

シャトー・ド・リブボン

  • カジュアルクラス
  • フランス / ボルドー
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

程よい果実のボリューム感が、ブリのコクとマッチ。ハーブのような清涼感が、ポン酢の爽やかな風味とも好相性。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。