今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

チキンソテー カブとブルーチーズのソース
by 大橋 みちこ

カブの甘味と葉のほろ苦さにブルーチーズの風味が相性抜群!

チキンソテー カブとブルーチーズのソース

材料

  • 【材料 2〜3人分】
  • 鶏もも肉     2枚(450g〜500g)
  • 塩        小さじ1/2
  • オリーブオイル  小さじ1
  • カブの実     3〜4個(約300g)
  • 白ワイン     50cc(なければ水で)
  • ブルーチーズ   50g
  • 生クリーム    50cc
  • カブの葉     4個分(約100g)
  • 胡椒       適量

作り方

カブは皮をむかずに使うと、崩れすぎず形が残ってくれて、存在感を楽しめます。ヘラなどでカブを少し崩すように潰してソース状にするのも、形が残るように仕上げるのもどちらも美味しいですのでお好みで。
鶏もも肉は余分な脂を取り除き、塩小さじ1/2をまぶす。
フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を皮目を下にして弱めの中火で焼く。こんがりと焼き色が付き、上の方まで身が白くなってきたら裏返して焼く。竹串を刺して透明な汁が出ればOK 。ソースができるまでアルミホイルに包んでおく。
焼いている間にカブの実は皮ごと3〜4mm幅の薄めの櫛形に切る。カブの葉は粗く刻む。
②のフライパンの脂はそのままに、中火でカブの実をさっと炒める。軽く塩(分量外)をふり、白ワインをまわしかけ、蓋をして弱火〜弱めの中火で10分蒸し煮にする。
カブが柔らかくなったところにカブの葉も加えてさっと炒め、生クリームとブルーチーズを加えて、チーズが溶けるまで混ぜながら煮る。塩胡椒(分量外)で味を整える。
②のチキンソテーをお皿に盛り、上に⑤のソースをかける。

"チキンソテー カブとブルーチーズのソース"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

ブルーチーズに負けないようなコクのしっかりある白ワインがオススメ。
暖かい産地で造られるような果実の完熟した甘味を感じるものだと、カブの甘味と寄り添いつつ、カブの葉のほろ苦さやブルーチーズの塩気も心地よく包み込んでくれます。
チキンの焼き目の香ばしさに合わせて、樽熟成をかけているものでも。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com