WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

焼きアボカドとズッキーニのサラダ

焼きアボカドとズッキーニのサラダ
焼いたアボカドはとろ〜り食感♪生姜ポン酢ドレッシングでさっぱりサラダに。

by 大橋 みちこ

白ワインに合う ロゼに合う 野菜のおかず

美味しくて便利なアボカド。
実は、このアボカド、焼くと美味しい。
甘みが増して、生のままとは違った、とろっとした食感もいい♪

この焼いたアボカドのまったりとした甘みに、生姜をきかせたポン酢ドレッシングが抜群の相性!
酸味や生姜の香りが、アボカドの甘みを更に引き立ててくれます。

今日は焼いたアボカドを使った簡単でおつまみになるサラダをご紹介します。

材料

【材料 2〜3人分】

アボカド      1個
ズッキーニ     1/2本(約80g)
クレソン      約100g
生姜        15g
ポン酢       大さじ2
オリーブオイル   小さじ2+小さじ2+小さじ2
小麦粉       適量

作り方

STEP1

ズッキーニは7〜8mmの厚さの輪切りに、クレソンは、3〜4cmの長さに切る。

1
STEP2

フライパンにオリーブオイル小さじ2を熱し、中火でズッキーニを焼く。焼けたら取り出す。

2
STEP3

アボカドは、半分に割って、皮をむき、種を取る。半分の大きさの6等分に切る。小麦粉をまぶす。

3
STEP4

フライパンにオリーブオイル小さじ2を熱し、③のアボカドを焼く。

4
STEP5

ボウルにおろし生姜、ポン酢、オリーブオイル小さじ2を入れて混ぜる。

5
STEP6

⑤のボウルに、②のズッキーニと④のアボカドを入れて和え、更にクレソンを入れて和える。(和えるのは食べる直前に。)

6

このレシピのコツ・ポイント

アボカドにしっかりと小麦粉をまぶして焼くのがポイント。そうすることで、アボカドが崩れにくくなりますし、ポン酢ドレッシングの絡みがよくなります。クレソンの代わりに、ルッコラやベビーリーフ、サラダほうれん草など他のお野菜を使ってもおいしくできます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口ロゼワイン。ロゼワインならではのコクが、アボカドのまったりとした甘みに合います。優しい味わいのワインの方が、アボカドやズッキーニの優しい甘みを引き立ててくれます。辛口白ワインでもOK。程よくコクがあって、酸味もまろやかな方が、アボカドのまろやかな食感や味わいと合いますよ。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ロザート

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ロザート

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

チャーミングな果実味が、アボカドの甘みとマッチ。フレッシュな酸味は、ポン酢ドレッシングとの相性も抜群です。

デル・スール シャルドネ レセルバ

ビカール

デル・スール シャルドネ レセルバ

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ふくよかな果実味は、とろっと甘みが増したアボカドの甘みと好相性。ワインのボリューム感と料理のボリューム感がマッチしていて合います。

ガンマ オーガニック シャルドネ レセルバ

ベサ

ガンマ オーガニック シャルドネ レセルバ

  • デイリークラス
  • チリ / アコンカグア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

トロピカルフルーツのようなコクのある果実味が、アボカドのまろやかな甘みとマッチ。優しい酸味がポン酢の酸味とも好相性です。

バルディビエソ シャルドネ

ビーニャ・バルディビエソ

バルディビエソ シャルドネ

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

完熟した果実風味が、アボカドのまろやかな甘みやボリューム感とマッチ。ほのかなオークの香りも料理のボリューム感と合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。