今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

炙りカツオのタルタル バルサミコマヨネーズ風味
by 大橋 みちこ

旬のカツオで赤ワインに合う簡単おつまみ!

炙りカツオのタルタル バルサミコマヨネーズ風味

材料

  • 【材料 2〜3人分】
  • カツオ(刺身用さく)  120g
  • 塩           小さじ1/6
  • みょうが        1個
  • パセリ         大さじ1
  • おろしにんにく     小さじ1/4
  • マヨネーズ       大さじ1
  • バルサミコ酢      小さじ1
  • 胡椒          少々

作り方

カツオはこうやって炙るだけで香りがグッと良くなります。香ばしさが臭みを隠してくれるという効果も。
STEP1
カツオは塩をまぶし、フォークなどを刺して、ガスコンロで表面を軽く炙る(バーナーを使っても)。バットなどに置き、冷蔵庫で冷やす。
STEP2
みょうがは縦半分に切り、小口切りに、パセリはみじん切りにする。
STEP3
ボウルに、おろしにんにく、マヨネーズ、バルサミコ酢、胡椒を入れて混ぜる。
STEP4
①のカツオを7~8mm角に切る。
STEP5
③のボウルに、②のみょうがとパセリ、④のカツオを入れて和える。
スライスしたバゲットをトースターやフライパンで軽く焼き、⑤をのせる。

"炙りカツオのタルタル バルサミコマヨネーズ風味"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピに合わせたいのは、軽めの赤ワイン。カツオは赤身の魚で鉄分があるので、繊細な白ワインよりも味が濃い赤ワインの方が合わせやすいです。海の近くの産地のワインで、渋みが少ないワインが特にオススメ。

例えばこんなワイン

ドモード モンテプルチアーノ・ダブルッツォドモード モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
カンティーナ・エ・オレイフィーチョ・ソシアーレ
ドモード モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / アブルッツォ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
ワインのジューシーで柔らかい果実味やボリューム感がカツオの旨みと合います。優しい酸味がバルサミコマヨネーズの柔らかい酸味ともマッチ。
フェウド・アランチョ シラーフェウド・アランチョ シラー
フェウド・アランチョ
フェウド・アランチョ シラー
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
凝縮感のある果実味やスパイシーな香りが、カツオの旨みを引き立てます。マヨネーズのコクやバルサミコの酸味とも相性ぴったり。
イル・プーモ プリミティーヴォイル・プーモ プリミティーヴォ
サン・マルツァーノ
イル・プーモ プリミティーヴォ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
柔らかくジューシーなワインの果実味は、カツオの旨みを包み込みます。バルサミコ酢とマヨネーズの程よい酸味とワインの酸味も相性抜群。
フェウド・アランチョ サンジョヴェーゼフェウド・アランチョ サンジョヴェーゼ
フェウド・アランチョ
フェウド・アランチョ サンジョヴェーゼ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
サンジョベーゼならではの甘酸っぱい果実味が、バルサミコ酢の風味のマッチ。ぎゅっと詰まった果実の風味はカツオの旨みとも好相性です。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。