今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

タコと新じゃがのニンニクアンチョビ炒め/ワインのおつまみ
by 大橋 みちこ

ニンニクとアンチョビをたっぷりきかせた、ワインにピッタリの炒めもの。タコの旨みと新ジャガの甘みの相性抜群。

タコと新じゃがのニンニクアンチョビ炒め/ワインのおつまみ

材料

  • 【材料 2〜3人分】
  • タコ(ボイル)   80g
  • スティックセニョール 120g
  • (菜の花やブロッコリーでも代用OK)
  • 新じゃがいも    2〜3個(200g)
  • アンチョビ     3切れ
  • ニンニク      1片
  • オリーブオイル   大さじ1+大さじ1/2
  • 塩         必要であれば
  • 胡椒        適量

作り方

スティックセニョールでなく、菜の花やブロッコリーでも美味しく出来ます。少し火が通りにくいので、炒める前に少しレンジにかけるか茹でると簡単に火が通りますよ。
パプリカパウダーは辛みが少なく料理の味を邪魔をせず、ふると彩りが華やかになるので、1本持っておくのをオススメします。
STEP1
新ジャガイモは皮ごと7〜8mmの厚さに切って耐熱皿に入れ、ラップをして600wのレンジで4分加熱する(竹串がスッと通るくらい。普通のジャガイモの場合は皮をむいた方がいい)
STEP2
スティックセニョールは、斜め3〜4cmの長さに切る。(菜の花やブロッコリーを使う場合は、食べやすい大きさに切ってからレンジにかけるか、茹でて使う。)
STEP3
タコはそぎ切りにする。
STEP4
ニンニクとアンチョビはみじん切りにする。
STEP5
フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、中火でスティックセニョールを炒める。
STEP6
火が通ったら、ジャガイモを加えてさっと炒め、タコも加える。
STEP7
具材を寄せて、あいたところにオリーブオイル大さじ1/2とニンニク、アンチョビを加えて軽く炒める。
STEP8
全体を合わせて、さっと炒める。味を見て、塩気が足りなければ、塩で調整する。器に盛って、胡椒とパプリカパウダーをふる。

"タコと新じゃがのニンニクアンチョビ炒め/ワインのおつまみ"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピには、白ワインにも赤ワインにもロゼワインにも合います。
かなり万能!白でも赤でも重すぎないものであれば、なんでもOK!

あえて選ぶとしたら、スペインワインがオススメ。
この料理は、タコのガリシア風というスペイン料理のイメージに近いので、ワインもスペインで♪

例えばこんなワイン

ラッチ・デ・ライム 白ラッチ・デ・ライム 白
セリェール・ピニョル
ラッチ・デ・ライム 白
  • 国旗
  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 辛口
  • スティルワイン
フルーティーな果実味はジャガイモの甘みやタコの旨みとマッチ。フレッシュな酸味が、全体の味を引き締め、どんどん進んでしまうマリアージュ。
カンポ・アリーバカンポ・アリーバ
バラオンダ
カンポ・アリーバ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • スペイン / ムルシア
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
ジューシーな果実感と程よいタンニンは、タコや野菜の旨みや甘みを邪魔することなく、引き立ててくれます。ニンニクの香りとも相性ピッタリ。
フェウド・アランチョ ロザートフェウド・アランチョ ロザート
フェウド・アランチョ
フェウド・アランチョ ロザート
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ロゼ
  • 辛口
  • スティルワイン
シチリアワインなのでタコと相性がいい!優しい果実味が、新じゃがや野菜の甘みを引き立て、ニンニクとアンチョビの風味が余韻に広がります。
IIIB(トワベー)・エ・オウモン 白IIIB(トワベー)・エ・オウモン 白
ドメーヌ・ポール・マス
IIIB(トワベー)・エ・オウモン 白
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 辛口
  • スティルワイン
ふくよかな果実味は、ジャガイモのほっくりした甘みやタコの旨味を包み込みます。程よく酸味もあるので、くどくなく余韻も爽やかです。
ケープ・ハイツ ヴィオニエケープ・ハイツ ヴィオニエ
ブティノ
ケープ・ハイツ ヴィオニエ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 辛口
  • スティルワイン
ワインの芳醇な果実味は、にんにくの効いたタコの旨みや、ほっくりとしたじゃがいもの甘みとマッチ。ボリューム感も合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。