今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

実山椒とガリの巻きカツ

実山椒とガリの巻きカツ
揚げ物だけど爽やか!山椒とガリの爽快感が豚の旨味と最高の相性!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

今回は、実山椒と新生姜を活用するレシピ。
どちらも料理の中で、ピリッとした刺激や酸味などがアクセントになり、料理自体の味をぐっと美味しくさせてくれます。
それに、その爽快感はワインとの相性もグッと良くしてくれる。

軽めの赤ワインやランブルスコと合わせてお楽しみ下さい!

材料

【材料 12個分(2〜3人分)】 

豚ロースしゃぶしゃぶ用  12枚
(約120g)
大葉           6枚
実山椒の塩漬けか佃煮   約8g
ガリ           約15g
塩            適量
バルサミコ酢       大さじ2
薄力粉          適量
卵            1個
パン粉          適量
サラダ油         適量

作り方

 

バルサミコ酢は小さいフライパン(鍋でもOK)で半量に煮詰める。焦げないように注意!

1
 

豚ロース肉に軽く塩をふる。

2
 

大葉は半分に切り、ガリは千切りに、実山椒は粗く刻む。

3
STEP4

12枚分は、ガリと大葉を巻き、ぎゅっと握る。

4
STEP5

12枚分は実山椒と大葉を巻き、ぎゅっと握る。

5
 

薄力粉、卵、パン粉の順に衣をつける。

6
STEP7

フライパンに少し多めのサラダ油を敷き、揚げ焼きにする。

7
 

器に盛り、①のバルサミコ酢をかけるか添える。

8

このレシピのコツ・ポイント

実山椒とガリ、両方なければどちらかだけでもOK。大葉を効かせると更に爽やかに。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このおつまみに合わせたいのは、軽めの赤ワイン。揚げ物なので、油を流してくれる酸味があるとより相性がいい。
バルサミコともマッチします。

例えばこんなワイン

レ・タンヌ オクシタン ピノ・ノワール

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン ピノ・ノワール

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

優しい果実味が、豚肉の旨味を引き立てます。山椒やガリの風味がアクセントになって爽やかな後口に。

パヌール ピノ・ノワール リザーヴ オーク・エイジド

ビニェードス・エラスリス・オバリェ

パヌール ピノ・ノワール リザーヴ オーク・エイジド

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味と程よいボリューム感が料理の味わいとマッチ。バルサミコとも相性◉。

ザ・スプリングス ピノ・ノワール

サザン・バンダリー・ワインズ

ザ・スプリングス ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

軽やかな果実味は豚肉の旨味を引き立て、すっきりした酸味はガリや山椒とマッチ。衣の油感も心地よく流してくれます。

クロスター ピノ・ノワール ファルツ

クロスター醸造所

クロスター ピノ・ノワール ファルツ

  • デイリークラス
  • ドイツ / ファルツ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

すっきりした酸味と軽やかな果実味が、ガリや山椒の爽やかな風味とマッチ。油を心地よく流してくれる効果も。

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

メディチ・エルメーテ

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

  • デイリークラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / やや辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

フルーティーな果実味が、豚肉の甘味とマッチ。シュワシュワな泡の爽快感が、山椒やガリの風味をさらに引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。