WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

牛すじのトマト煮込み

牛すじのトマト煮込み

by 大橋みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず お肉のおかず

温かい煮込み料理がおいしいこの季節。
牛すじのトマト煮込みはいかがですか?

下ゆでには、手間がかかるけれど、あのトロトロっととろける食感や脂の甘みを味わってしまったら、その苦労も一瞬で忘れます。
プルップルでトロットロのその食感。
野菜の旨みや肉の旨みたっぷり、トマトの酸味がきいたソースもとってもおいしい。

ワインにも合うけれど、ご飯にぶっかけるのも最高です☆

時間はかかっても、その分幸せなおいしさが待っています!!!

材料

【材料 4人分】
牛すじ      約400g(下ゆでしたもの)
タマネギ     1個
セロリ      1/2本
セロリの葉    あれば
にんじん     1本
にんにく     1片
ホールトマト缶  1個
赤ワイン     200cc(なければ水で)
固形ブイヨン   1個
ローリエ     2枚
サラダ油     大さじ1
塩        適量
胡椒       適量

材料写真1

作り方

STEP1

鍋に牛すじとたっぷりの水を入れてゆでる。
アクがたくさん出るので、丁寧にすくう。
沸騰して4〜5分ゆでたら、ざるにあげて、水でさっと洗う。

1
STEP2

鍋を洗って、もう一度、牛すじと水を入れて同じことをする。食べやすい大きさに切る。

2
STEP3

鍋に、牛すじとひたひたになるくらいの水とネギとしょうがと酒を入れて、1時間〜1時間半ゆでる。これで下処理終了。

3
STEP4

タマネギは7〜8mm幅、セロリは斜め薄切り、にんじんは乱切りにする。にんにくは半分につぶす。

4
STEP5

鍋にサラダ油を熱し、タマネギ、セロリ、にんじんとにんにくを炒める。油がまわったら塩をふたつまみふる。

5
STEP6

牛すじと赤ワインを加え、赤ワインが半分になるくらいまで煮詰める。(ワインはなく水でやる場合は、この工程を省いて、⑦で水も一緒に加える。)

6
STEP7

ホールトマト、固形ブイヨン、ローリエ、セロリの葉を加え1.5時間〜2時間煮込む。塩こしょうで味を整える。1回冷ますと味がなじむ。

7

このレシピのコツ・ポイント

牛すじの下ゆでさえ終わってしまえば、あとは煮込むだけ。一度にたくさん下ゆでしておいて、冷凍しておくと便利です!
ソースがもったいないので、バゲットを添えてもいいし、ペンネを茹でたものや、ゆでたじゃがいも、マッシュポテトを添えるとGOOD!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

これに合わせたいのは、ミディアムボディ〜フルボディの赤ワイン。
トマトの酸味に合わせて、酸味が程よくあるワイン、野菜や肉の旨みもたっぷりなので果実味たっぷりのワインが合います。

例えばこんなワイン

キアンティ クラッシコ

ファットリア・ポッジョピアーノ

キアンティ クラッシコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

サンジョベーゼ100%のキアンティ・クラッシコ。牛すじや野菜のうまみとワインのコクがマッチ。トマトの酸味とワインの酸味がおいしいマリアージュ!

アクスティック 赤

アクスティック・セリェール

アクスティック 赤

  • カジュアルクラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの凝縮した果実味は、煮込んだ野菜の甘みや牛すじの旨みと抜群の相性。トマトの酸味とワインの酸味もマッチ。素材の美味しさを引き立てます。

レシピ作成者

大橋みちこ

大橋みちこ

ワイン好きの料理研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。

口コミ

冬にぴったり!牛すじ美味しそう(^^)
2014/12/15by dadaidama
牛すじ食べたい〜…(´Д` )
手間はかかるけど、本当に苦労がふっとぶ美味しさですよね…日持ちするのも嬉しい!
2014/12/15by とだちゃん