今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

ごぼうとクルミのかき揚げ ナンプラー風味

ごぼうとクルミのかき揚げ ナンプラー風味
ごぼうの香りとクルミの香ばしさは抜群の相性。ナンプラーの旨味が味の決め手。

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず

かき揚げと聞くと難しいイメージがありますが、少なめの油で一口大で揚げるのはとっても簡単。
揚げている間に散らばることもありません。
ごぼうのふわりと香る土っぽい香りにナンプラーの旨味がマッチ。クルミの香ばしさと食感が最高のアクセントになります。
ナンプラーがないときはもちろんお醤油で代用可能。
少ない材料でとっても美味しいおつまみができますよ♪

材料

【材料(3〜4人分)】

ごぼう    1本(約150g)
素焼きクルミ 40g
ナンプラー  小さじ2(醤油でもOK)
薄力粉    小さじ4 + 大さじ4
水      大さじ2と1/2
胡椒     適量

材料写真1

作り方

STEP1

ごぼうは皮をこそげて、太い部分は半分の太さに切り、斜め薄切りにする。2〜3分水にさらして水気をきる(新ごぼうの場合はそのままでOK)。

1
STEP2

ボウルに入れ、ナンプラーを加えて和える。

2
STEP3

クルミは手で2〜3つに割る。

3
STEP4

②のボウルに③のクルミと薄力粉小さじ4を加えて和える。

4
 

揚げ油を160℃に温め始める。

5
STEP6

別のボウルに薄力粉大さじ4と水大さじ2と1/2を入れて混ぜ、④のボウルに加えて和える。

6
STEP7

スプーンで救って一口大くらいになる量ずつ揚げる。

7
STEP8

最初はかりっとしなくても、ペーパータオルの上などにしばらく置くとカリッとします。器に盛って、胡椒を降って完成。

8

このレシピのコツ・ポイント

春〜初夏の新ごぼうを使う場合は、皮はこそげず洗うだけ、アク抜きもしなくてOKです。普通のごぼうの場合は、皮をこそげて使ってください。どちらのごぼうでも美味しくできる年中楽しめるレシピです。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、軽めの赤ワイン。ごぼうの風味に合わせて少し土っぽいような風味があったりするとより相性が良くなります。酸味がビシッときいているよりも、柔らかい味わいのものの方がオススメです。

例えばこんなワイン

グラン・ステータス

ボデガス・イグナシオ・マリン

グラン・ステータス

  • デイリークラス
  • スペイン / アラゴン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの柔らかい果実味、優しい甘みがごぼうの香りやクルミの甘みとマッチ。ごぼうの風味を引き立てるマリアージュ。

テンポ クリアンサ

アルティーガ・フステル

テンポ クリアンサ

  • デイリークラス
  • スペイン / アラゴン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの優しい果実味が、ごぼうの甘みや香りを引き立てます。程よい樽感は香ばしいクルミともマッチ。

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

アルティーガ・フステル

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

  • デイリークラス
  • スペイン / アラゴン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインに土っぽい香りがあり、ごぼうの風味と相性抜群。程よい果実味、ボリューム感で、料理の味を引き立てます。

レシピ作成者

大橋  みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。