今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

チキンと紫キャベツとシャインマスカットのサラダ
by 大橋 みちこ

色鮮やかな爽やかサラダ!

チキンと紫キャベツとシャインマスカットのサラダ

材料

  • 【材料 4人分】 
  • 鶏もも肉      1枚(約300g)
  • 塩         小さじ1/2
  • [サラダ]
  • 紫キャベツ     250g
  • 塩         小さじ1/2
  • 紫タマネギ     50g
  • ケッパー      大さじ1
  • パセリ       大さじ1
  • 白ワインビネガー  大さじ1/2
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 胡椒        適量

作り方

鶏肉を一口大にして混ぜましたが、切らずに鶏肉ソテーとしてメインに、付け合せとして紫キャベツとシャインマスカットのサラダを添えても。
鶏肉なしで、野菜だけのサラダとして食べるのも美味しいです。
STEP1
鶏もも肉に塩小さじ1/2をまぶす。フライパンに油をひかずに、皮目を下に弱火で焼く。8割くらい白くなったら上下を返して中火で焼く。粗熱が取れたら3cm角くらいに切る。
STEP2
紫キャベツを千切りにし、ボウルに入れて塩小さじ1/2をまぶす。5分くらいたったら水気を軽く絞る。
STEP3
紫玉ねぎを繊維に垂直に薄切りにして、塩少々(分量外)をまぶし、水気が出てきたら水にさらして水気を切る。ケッパーは粗く刻み、パセリはみじん切りにする。
STEP4
②のボウルに③の紫玉ねぎを加え、まずは白ワインビネガーをまぶす(こうすると色鮮やかになる)。
色が鮮やかになったら、③のケッパーとパセリ、オリーブオイルと胡椒も加えて和える。塩気が足りなければ調整し、最後に半分に切ったシャインマスカットと②の鶏肉も加えて和える。

"チキンと紫キャベツとシャインマスカットのサラダ "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

のお料理に合わせたいのは、フルーティーなスパークリングワインや白ワイン。
シャインマスカットが甘いので、ワインもその甘味に寄り添うくらい優しい甘味があってフルーティーな方が合います。

例えばこんなワイン

カステッリ・デル・ドゥーカ マルヴァジーア セッコ フリッツァンテカステッリ・デル・ドゥーカ マルヴァジーア セッコ フリッツァンテ
カステッリ・デル・ドゥーカ
カステッリ・デル・ドゥーカ マルヴァジーア セッコ フリッツァンテ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • やや辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
華やかな香りと心地よい甘味がシャインマスカットの風味とぴったり。優しい泡が、シャキシャキとしたサラダの食感ともマッチします。
アイス モスカート ドライ 958アイス モスカート ドライ 958
サンテロ
アイス モスカート ドライ 958
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / ピエモンテ
  • やや辛口
  • スパークリングワイン
マスカット同士のマリアージュ。華やかな香り同士が寄り添い、口の中で甘味が心地よく溶けあいます。
フェウド・アランチョ アックシィ エクストラ・ドライフェウド・アランチョ アックシィ エクストラ・ドライ
フェウド・アランチョ
フェウド・アランチョ アックシィ エクストラ・ドライ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • やや辛口
  • スパークリングワイン
ワインのフルーティーな味わいとシャインマスカットの甘味は抜群の相性。優しい泡立ちが、サラダの酸味を包み込みます。
パランガ スパークリングパランガ スパークリング
キリ・ヤーニ
パランガ スパークリング
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • ギリシャ / ノーザン・グリース
  • やや辛口
  • スパークリングワイン
ワインの果実味の甘味は、シャインマスカットの甘味と好相性。爽やかな酸味や泡が、サラダの爽快感とマッチ。
モンサラ カバ セミ・セックモンサラ カバ セミ・セック
バルディネット
モンサラ カバ セミ・セック
  • 国旗
  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • やや甘口
  • スパークリングワイン
ワインのほのかな甘味が、シャインマスカットの甘味とマッチ。きめ細かい泡は、シャキシャキとしたサラダの食感とも心地よく合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。