今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

鶏ハム 金柑と生姜のソース

鶏ハム 金柑と生姜のソース
しっとりハムに、爽やか金柑&生姜風味

by 大橋 みちこ

白ワインに合う お肉のおかず

家でできるしっとり鶏ハム。
難しそうに見えますが、ラップで巻いてお鍋でじっくり火を入れるだけ、意外と簡単。

ソースは金柑と生姜と玉ねぎで。
金柑の香りやほろ苦さ、生姜のぴりりとした刺激が、ワインを誘う味わいに。

ぜひお試しください!

材料

【材料 2人分】
鶏むね肉      1枚(約320g)
塩         小さじ2/3 
砂糖        小さじ1/2
クミンパウダー   小さじ1/3

[ソース]
タマネギ      1/2個(約150g)
金柑        3個(約40g)
生姜        10g
オリーブオイル   大さじ1
白ワイン      50cc
水         50cc
白ワインビネガー  大さじ1/2
粒マスタード    大さじ1/2
胡椒        適量

作り方

 

鶏むね肉に包丁で切れ目を入れ、厚みが均等になるように開く。両面に塩小さじ2/3と砂糖をまぶし、ビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる(少なくとも1時間以上は寝かせる)。

1
STEP2

大きめにカットしたラップを敷いて鶏肉を横長に置き、上下の真ん中になるくらいの場所にクミンパウダーを散らす。ラップに包んで巻き(太いと火が通りにくいので細めに)、キャンディーのように両端をむすぶ。

2
STEP3

大きめの保温性の高い鍋に湯を沸かす。沸騰したら中火にかけたまま、④のラップに巻いた鶏肉を入れる。一瞬温度が下がるが、再び沸騰したら30秒そのまま茹で、火を止めて蓋をして1時間置く。鍋から取り出し、冷蔵庫か氷水で冷やす。

3
 

タマネギは皮をむき、1/4の大きさに切り、繊維に垂直に薄切りにする。耐熱の器に入れてラップをせずに600wのレンジで3〜4分加熱する。

4
STEP5

生姜は皮をむき、千切りに、金柑は種を取り除き、薄い輪切りにする。

5
 

フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、生姜を弱めの中火で炒める。香りが出たらタマネギも加えて塩ひとつまみをふり、しんなりするまで炒める。

6
 

白ワインを加えて一煮立ちさせたら、金柑と水を加えて弱火で5分煮る。白ワインビネガー、粒マスタード、醤油を加えて一混ぜしたら火を止める

7
 

③の鶏肉を1〜2cmの厚さに切り、ソースをのせる。

8

このレシピのコツ・ポイント

ソースに粒マスタードを加えることで、酸味と香りがプラスされて、ワインとの相性がさらによくなります。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

これに合わせたいのは、コクのある白ワインかオレンジワイン。金柑や生姜の風味が強いので、ワインにも柑橘のような香りがあるととてもよく合います。

例えばこんなワイン

アート・テッラ クルティメンタ

カザ・アグリコラ・アレクシャンドレ・レウヴァス

アート・テッラ クルティメンタ

  • カジュアルクラス
  • ポルトガル / アレンテージョ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインが持つオレンジのようなフレッシュな酸味、柑橘のような風味が金柑の味わいとベストマッチ。程よいボリューム感は鶏肉ともぴったり。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。