今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

白身魚とデコポンのセビーチェ風

白身魚とデコポンのセビーチェ風
柑橘とスパイスで南米風!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

「セビーチェ」とは南米名物の魚介料理。
柑橘やビネガーの酸味と香辛料の風味を生かしたさっぱりとした味わいが特徴。

今回はそのお料理を、旬のデコポンと白身魚でアレンジ。
酸味やスパイスが効いて、複雑で深い味わいに。白ワインにぴったりのおつまみレシピです。

材料

【材料(3〜4人分)】
白身魚(刺身用)  80g
オリーブオイル   小さじ1 + 大さじ1
塩         適量
紫玉ねぎ      1/4個
きゅうり      1/2本
トマト       1/2個(約70g)
セリ        2本(あれば)
デコポン      1/3個(正味50g)
ニンニク      1/2片
レモン       1/4個
白ワインビネガー  小さじ1
パプリカパウダー  小さじ1/3くらい
胡椒        適量

作り方

STEP1

白身魚はサクの場合は、塩少々をふって5分置き、出てきた水分を拭き取る。そぎ切りにし、オリーブオイル大さじ1と塩ひとつまみをまぶしてラップをして冷蔵庫で冷やす。

1
STEP2

紫玉ねぎはみじん切りにし、塩少々(分量外)をまぶして5分おく。水に5分さらして水気をきる。

2
STEP3

きゅうりは縦半分に切って、スプーンで種の部分を取る。7〜8mm角に切って、塩ひとつまみをまぶし水分が出てきたらペーパータオルでふき取る。

3
STEP4

トマトはスプーンで種の部分を取り除き、7〜8mm角に、セリは小口切りにする。

4
STEP5

デコポンは小房に分け、7〜8mm角に切る。

5
STEP6

ボウルにニンニクの断面を擦り付ける。②〜⑤の材料を入れ、オリーブオイル大さじ1、絞ったレモン果汁、白ワインビネガー、塩ふたつまみくらい(調整する)、パプリカパウダー、胡椒を加えて和える(和えるのは食べる直前に!)。

6

このレシピのコツ・ポイント

デコポンが手に入らなければ、夏みかんやオレンジ、グレープフルーツなどでも美味しくできますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このお料理に合わせたいのは、きりっとした酸味と旨味がある辛口白ワイン。
白身魚の旨味と柑橘の酸味に、ワインの味わいを寄せるのがポイントです。

例えばこんなワイン

プール・マ・ギュール リースリング

クロ・デ・フ

プール・マ・ギュール リースリング

  • カジュアルクラス
  • チリ / サウス
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのキリッとした酸味が、デコポンやビネガーの酸味とマッチ。果実味。ミネラル感も豊かなので、白身魚の味わいとも好相性。

リースリング ヴィンヤーズ・セレクション

ロージアン ヴィンヤーズ

リースリング ヴィンヤーズ・セレクション

  • カジュアルクラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

骨格のしっかりとした酸味が、料理の味を引き締めるビネガーと相性抜群。柑橘の風味や果実味は、トマトなどの野菜やデコポンともマッチします。

ピース・オブ・イーデン リースリング

セント・ジョンズ・ロード

ピース・オブ・イーデン リースリング

  • カジュアルクラス
  • オーストラリア / サウス・オーストラリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

豊かな果実味は、デコポンの甘酸っぱさにぴったり。キリッとした引き締まりのある酸味が、料理全体の酸味やスパイシーさともマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。