今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

切り干し大根と実山椒のオムレツ

切り干し大根と実山椒のオムレツ
切り干し大根でボリュームアップ&シャキッと食感、実山椒のアクセントが効いたおつまみオムレツレシピ

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず

実山椒の旬の季節。
この時期は生の実山椒がお店に並ぶので、塩漬けや佃煮などを作れるチャンス。
実山椒ならではの噛んだ時の爽やかな香りとピリッとした刺激を活かしたオムレツのレシピをご紹介です。

切り干し大根を使うことで、シャキッとした食感を楽しむことができ、とヘルシーにボリュームアップ。
パルミジャーノチーズの旨味を効かせれば、ワインにぴったりの味わいに。

ぜひお試しください。

材料

【材料 3〜4人分】

卵       4個
切り干し大根  20g(乾燥の状態で)
粉チーズ    大さじ2
醤油      小さじ2
砂糖      小さじ1
塩       ふたつつまみ
実山椒の水煮  大さじ1
(塩漬けの場合は水煮さらして、塩気を和らげてから使う)
オリーブオイル 大さじ1/2+大さじ1+大さじ1/2

材料写真1

作り方

STEP1

切り干し大根を水で戻し、水気を絞って、食べやすい長さ(4〜5cm)に切る。

1
STEP2

実山椒は粗く刻む。

2
STEP3

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を熱し、①の切り干し大根を炒める。ほのかにきつね色に色づいたら取り出す。

3
STEP4

卵を溶き、オリーブオイル以外の材料を混ぜる。

4
STEP5

小さめのフライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、④の卵液を流し入れる。半熟状態になるまで箸でかき混ぜ、その後は片面に焼き色がつくまで焼く。

5
 

お皿に取り、フライパンをペーパータオルできれいにして、オリーブオイル大さじ1/2を熱し、焼いてない面を焼き色がつくまで弱火で焼く。

6

このレシピのコツ・ポイント

実山椒の佃煮や醤油漬けを使っても。パルミジャーノの旨味が美味しさの決め手です。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、辛口の白ワイン。卵の味のボリューム感に合わせて果実のコク、山椒の爽やかさに合わせて程よい酸味があるワインがオススメ。軽すぎず重すぎないものであれば、幅広いワインと合わせられます。

例えばこんなワイン

セクロ ゴデーリョ

ビノス・デ・アルガンサ

セクロ ゴデーリョ

  • デイリークラス
  • スペイン / カスティーリャ・イ・レオン
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの引き締まった酸味が、山椒の爽快感とマッチ。果実味のコクが程よく、卵の美味しさや切り干し大根の風味を引き立てます。

ラッチ・デ・ライム 白

セリェール・ピニョル

ラッチ・デ・ライム 白

  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのフルーティーな果実味が、卵の甘味やパルミジャーノの旨味とマッチ。フレッシュな酸味と山椒の風味が心地よく溶け合います。

パブロ・クラロ ソーヴィニヨン・ブラン

ドミニオ・デ・プンクトゥン

パブロ・クラロ ソーヴィニヨン・ブラン

  • デイリークラス
  • スペイン / カスティーリャ・ラ・マンチャ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインが持つ柑橘系のフレッシュな酸味が山椒の風味を引き立てる組み合わせ。果実味のコクは卵やパルミジャーノの旨味ともマッチ。

アントニータ・プニュエロス・バイカ テンプラニーリョ・ブランコ

バイカ ビノス・イ・ビニェードス

アントニータ・プニュエロス・バイカ テンプラニーリョ・ブランコ

  • デイリークラス
  • スペイン / ラ・リオハ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの爽やかな風味が、山椒のピリッとした刺激と相性ぴったり。フレッシュで程よくコクのある果実風味は卵の美味しさも引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。