今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

アボカドとしば漬けとパルミジャーノの冷製パスタ

アボカドとしば漬けとパルミジャーノの冷製パスタ
アボカドのクリーミーさとしば漬けの食感が絶妙!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う パスタ・麺・パン

今回は、白ワインにぴったりな冷製パスタレシピをご紹介。

アボカドのクリーミーさとしば漬けの酸味&食感のコントラストが楽しくて美味しい、白ワインにぴったりの一品。
冷前菜で軽めに食べるのもよし、締めにしっかりと食べるのもよし。
ベーコンとパルミジャーノで旨味もしっかりとあるので、食べ応え十分!

ぜひ一度は試していただきたいレシピです。

材料

【材料 2人分】料理教室では4人分

パスタ       160g
(オススメはフェデリーニ)
ベーコン      50g
しば漬け      50g
パルミジャーノ   25g(塊のもの)
アボカド      1個
すだち       1個
(レモン果汁など柑橘小さじ2でも)
オリーブオイル   大さじ2
醤油        小さじ1/2
粗挽き黒胡椒    適量

作り方

STEP1

ベーコンは1cm幅に切る。フライパンを熱し、油をひかずにベーコンをカリカリになるまで弱火で炒める。

1
STEP2

しば漬けとパルミジャーノは5mm角くらいに切る。

2
STEP3

アボカドのタネと皮を取り除き、半分は1cm角に切り、ボウルに入れてすだち果汁を和える。

3
STEP4

①のベーコン、②のしば漬け、パルミジャーノを③のボウルに加え、醤油、粗挽き黒胡椒を混ぜる。

4
 

鍋に湯を沸かし、塩少々を加え、パスタを表示の時間より1分長めにゆでる。

5
STEP6

パスタがゆであがったら、ざるにあげ、すぐに流水と氷で冷やし麺をしめる。④のボウルに入れて和える。塩気が足りなければ塩を加える。

6

このレシピのコツ・ポイント

パルミジャーノは粉状のものではなく、塊のものを使ってください。噛んだ時のコクや旨味の広がり方が違います!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、辛口の白ワイン。
アボカドに合わせて程よくコクがありつつ、しば漬けに合わせてキリッとした酸味もあるものがオススメ。

例えばこんなワイン

アップル・ツリー・フラット シャルドネ

ローガン・ワインズ

アップル・ツリー・フラット シャルドネ

  • デイリークラス
  • オーストラリア / ニュー・サウス・ウェールズ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのフルーティーな果実味が、アボカドのクリーミーな風味とマッチ。フレッシュな酸味としば漬けの酸味も好相性。

スピアー シャルドネ

スピアー・ワインズ

スピアー シャルドネ

  • デイリークラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

トロピカルフルーツのようなワインの果実味が、アボカドのコクとマッチ。フレッシュな酸味もあるのでしば漬けの酸味とも抜群の相性。

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュな酸味が、しば漬けの酸味と寄り添います。コクのある果実味と、アボカドのクリーミーさやボリューム感もマッチ。

フェウド・アランチョ シャルドネ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ シャルドネ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの完熟した果実風味とアボカドのコクは相性抜群。心地よい酸味としば漬けの酸味もマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。