今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

夏野菜のトマト味噌炒め

夏野菜のトマト味噌炒め

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 赤ワインに合う 野菜のおかず

今日の主役は夏野菜。
スーパーでも安く並び始めましたね。

たっぷりの夏野菜とトマトをを味噌で炒めます。
火を通して甘くなった野菜に、味噌の風味が合うんです!

トマトの酸味と味噌の旨みで、野菜が更においしくなりますよ♪

材料

【材料 2〜3人分】

茄子       1〜2本(150g)
ズッキーニ    1本
タマネギ     1/2個(新タマネギでもOK)
トマト      1個
味噌       30g
白ワイン     大さじ2
(なければ酒か水でOK)
砂糖       小さじ1
オリーブオイル  大さじ3
塩        ひとつまみ

材料写真1

作り方

STEP1

茄子はがくを切り取り、1cmの厚さの輪切りにする。水にさっとさらして、水気をしっかりと切る。

1
STEP2

タマネギは、繊維にそって1cmの幅に切る。ズッキーニは、1cmの厚さの輪切りにする。トマトは8等分のくし形に切る。

2
STEP3

味噌と白ワインと砂糖を混ぜておく。

3
STEP4

フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、中火で茄子の両面を焼く。焼けたら一旦取り出す。

4
STEP5

フライパンにオリーブオイル大さじ1を足し、タマネギを中火でさっと炒める。ズッキーニも加えて、ズッキーニがやわらかくなるまで炒める。

5
STEP6

④にトマトも加える。トマトをつぶすように炒めたら、茄子を戻し入れ、塩ひとつまみを加えてさっと炒め合わせる。

6
STEP7

③の混ぜた味噌を加えて炒め煮し、水分がなくなったら完成。味噌によって塩分が違うので、量は調整してください☆

7

このレシピのコツ・ポイント

全部一緒に炒めるのではなくて、茄子だけ先に多めの油で炒めておくのがポイント。
茄子は油と相性がいいので、たっぷりの油を吸わせるととってもおいしくなります。
できたてもいいけど、冷やして食べてもおいしいですよ♪保存容器に入れて冷蔵庫に入れておけば2〜3日は持ちます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

赤でも白でも合います。白ワインだったら酸味が強すぎないものを。
料理自体、酸味はあるもののまろやかな酸味なので、ワインの酸味が強すぎると余計すっぱく感じてしまいます。
ヨーロッパでもニューワールド(ヨーロッパ以外でもOK。
そんなに難しく考えなくてもいい料理です。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ シャルドネ

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ シャルドネ

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

南イタリアの太陽をたっぷり浴びて育ったブドウで造られたこのワイン。瑞々しくて果実のコクがあり、野菜の甘みと相性抜群です。

ドンナ・マルツィア シャルドネ オーク樽熟成

アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ

ドンナ・マルツィア シャルドネ オーク樽熟成

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味が、野菜の甘みや味噌のコクを引き立てます。ワインの優しい酸味とトマトの酸味もマッチ!

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

アルティーガ・フステル

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

  • デイリークラス
  • スペイン / アラゴン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

熟成して柔らかくなった酸味と、味噌を加えてまろやかになったトマトの酸味は抜群の相性。優しい果実味は野菜の甘みを引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン好きの料理研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。

口コミ

ズッキーニと茄子がが安かったから作ってみました。お味噌との相性が良かったです。
2015/05/31by Emilia