今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

冬瓜とベーコンと枝豆のトロトロ煮

冬瓜とベーコンと枝豆のトロトロ煮
スープとベーコンの旨みをたっぷり吸ってとろとろに煮込まれた冬瓜はワインに合う和風おつまみ!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず

こんにちは。

今日は冬瓜を使ったレシピをご紹介。
冬瓜聞くと大きいし、料理が面倒だと思われがちですが、意外と簡単!

15分くらいの煮込み時間でとろっとろの食感に。鶏ガラスープの素とベーコンを使うのでだしを取る必要もありません。

ごはんにも、ワインにも合う和風おつまみ、ぜひお試しください!

材料

【材料(3〜4人分)】 

冬瓜        450g
枝豆        100g
(さやつきの状態で。ゆでたもの。)
ベーコン      60g
生姜        15g
片栗粉       大さじ1と1/2
(同量の水で溶く)
鶏ガラスープの素  小さじ2
醤油        小さじ1
水         400cc

材料写真1

作り方

STEP1

冬瓜は皮をむき、種の部分をスプーンなどで取る。5〜6cm角くらいの大きさに切る。皮側の面に格子状に切れ目を入れる。

1
STEP2

冬瓜は塩少々を加えた湯で7〜8分ゆでて、竹串がすっと通るくらいのやわらかさまで下ゆでしてざるにあげる。

2
STEP3

ベーコンは1cm幅に切る。枝豆はさやから出しておく。生姜は皮をむいて、すりおろす。

3
STEP4

フライパンに油を敷かずにベーコンを入れて弱めの中火で炒める。

4
STEP5

油が出てきたら、水、鶏ガラスープの素、醤油を加えて煮立たせる。

5
STEP6

冬瓜を加えて弱火で15分煮る。(クッキングシートなどで落とし蓋をする)

6
STEP7

枝豆とおろし生姜を加えてさっと混ぜたら、火を少し強めてぐつぐつしている状態にし、水溶き片栗粉をまわしいれて、2〜3分煮たら出来上がり。

7

このレシピのコツ・ポイント

冬瓜は下ゆでをすることで、煮込む時にスープをたっぷり吸ってくれます。生姜は香りをいかすために、仕上げの段階で加えます。お好みで、胡椒をきかせたり、柚子胡椒を添えたりしても美味しく食べれます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワイン。優しい味わいの料理なので、ワインも優しい味わいのものがいいです。酸味も穏やかで果実味にほのかな甘みがあると冬瓜の甘みやベーコンの塩分を包み込んでくれます。

例えばこんなワイン

甲州テロワール・セレクション 祝

勝沼醸造株式会社

甲州テロワール・セレクション 祝

  • カジュアルクラス
  • 日本 / 山梨県
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

程よい酸味と優しい果実味が、冬瓜のとろっとした甘みと抜群の相性。生姜の香りがふわっと余韻にぬけて、心地よいマリアージュ。

クロード・ヴァル 白

ドメーヌ・ポール・マス

クロード・ヴァル 白

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

丸みのある酸味と優しい果実味は、冬瓜の甘みやスープの旨みを引き立てます。生姜の風味とも好相性。

アラミス 白

ファミーユ・ラプラス

アラミス 白

  • デイリークラス
  • フランス / シュッド・ウエスト
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

穏やかな酸味とフルーティーな果実味は、冬瓜の甘みとマッチ。スープやベーコンの旨みも引き立ててくれます。

ソアーヴェ オーガニック

カーサ・ヴィニコラ・サルトーリ

ソアーヴェ オーガニック

  • デイリークラス
  • イタリア / ヴェネト
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味は冬瓜の甘みと好相性。フレッシュな酸味は生姜の風味を引き立てます。

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

ドメーヌ・ポール・マス

レ・タンヌ オクシタン シャルドネ

  • デイリークラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュでフルーティーな味わいは、冬瓜の甘みやスープの旨みを更に引き立ててくれます。枝豆の香りや生姜の風味とも相性ピッタリ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。