今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

スペアリブの炙り 梅オイスター風味

スペアリブの炙り 梅オイスター風味
オイスターソースのコクと梅の酸味で絶品スペアリブ!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず

今回は、がっつりお肉のおつまみをご紹介。
スペアリブを、オイスターソースと梅干し、ニンニクやショウガのタレに漬け込んで焼きます。
お肉を下ゆですることで、とても食べやすく、噛むとほろほろとほどける食感に。

タレに漬け込んでおけば、お肉自体に火は通っているので、あとは表面を焼くだけでOK。
下準備をしておけば、ホームパーティーやバーベキューにもいいし、もちろん普段の夕食にも便利なレシピです。

材料

【材料 4人分】 
スペアリブ     12本(約700g)
[スペアリブ下茹で用]
ネギの青い部分   1本分
生姜の薄切り    3枚

[タレ]
ニンニク      1片  
生姜        10g
梅干し       正味14g
(塩分13%の場合)
オイスターソース  大さじ2
赤ワイン      大さじ1
醤油        大さじ1
はちみつ      小さじ2 
胡椒        適量

作り方

STEP1

スペアリブを下茹でする。鍋にスペアリブを入れ、かぶるくらいの水とネギの青い部分、生姜の薄切りを入れて1時間茹でる。

1
STEP2

ニンニクとショウガは皮をむいてすりおろし、梅干しは種を取って叩く。ボウルに入れ、他のタレの材料と混ぜる。

2
STEP3

ポリ袋に①と②を入れて、冷蔵庫で1時間〜一晩置く。

3
STEP4

フライパンに油少々(分量外)をひき、両面を弱めの中火でこんがり焼く(220℃に余熱したオーブンで12〜15分焼いてもいい。途中上下を返す)

4

このレシピのコツ・ポイント

手間はかかりますが、スペアリブを下ゆでするとほろほろとほどける食感に。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、ミディアムボディ〜フルボディの赤ワイン。
オイスターソースのコクと、梅の酸味に合わせて、ふくよかな果実味と程よい酸味があるものがオススメ。

例えばこんなワイン

デントン・シェッド ピノ・ノワール

デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード

デントン・シェッド ピノ・ノワール

  • スーペリアクラス
  • オーストラリア / ヴィクトリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの果実味の凝縮感が、オイスターソースの旨味とマッチ。ピノ・ノワールならではの酸味と梅干しの酸味も好相性。

ナーリー・ヘッド ピノ・ノワール

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ

ナーリー・ヘッド ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • アメリカ / カリフォルニア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの樽熟成によるスモーキーな香りやスパイシーさが、香ばしく焼き上げたスペアリブの風味と抜群の相性。

ハンドクラフト ピノ・ノワール

デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ

ハンドクラフト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • アメリカ / カリフォルニア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ふくよかなワインの果実味が、オイスターソースの旨味やスペアリブのコクとマッチ。程よい酸味は梅干しの酸味と心地よくマリアージュ。

シングルヴィンヤード カウケネス ピノ・ノワール

ビーニャ・バルディビエソ

シングルヴィンヤード カウケネス ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

凝縮した果実味が、オイスターソースのコクやスペアリブの旨味と好相性。スパイシーな風味もあり、焼き目の香ばしさとも合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。