今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

ポルケッタ風豚のロースト
by 大橋 みちこ

ポルケッタ風豚のロースト

材料

  • 【材料 4〜6人分】
  • 豚肩ロース肉(塊)    600g
  • 塩          小さじ1と1/2
  • 胡椒         適量
  • ハチミツ       小さじ1(なければ砂糖小さじ1/2を塩胡椒に混ぜる)
  • ニンニク       2片
  • パセリ        15g
  • ローズマリー     3本(約3g)
  • タイム        10本(約2g)
  • じゃがいも      3個(約450g)

作り方

フライパンで焼き目をつけてからオーブンで焼くのでもOK。その場合は、190℃で30分〜35分で焼き上がります。途中焦げそうだったら、アルミホイルをかぶせて下さい。

ハチミツはなかったらなかったで大丈夫。

塊のそのまま持ち寄りパーティに持っていってもいいですね♪
STEP1
豚肉を切り開く。2cmくらいの厚みになるようにする。
STEP2
パセリはみじん切りにし、ローズマリーとタイムは葉を茎からはずして、混ぜておく。ニンニクはすりおろす。ジャガイモは皮をむき、1個を4等分にして、さっと水にさらす。
STEP3
肉の両面に塩、こしょうをまぶす。肉の片面におろしニンニクをぬり、パセリ、ローズマリー、タイムを混ぜた物を均一にふる。上からハチミツをまわしかける。
STEP4
巻いて、肉の形を整えタコ糸で全体をしばる。
STEP5
フライパンにオリーブ油を熱して③を入れ、強火で表面全体を焼く。
STEP6
弱火にして、じゃが芋を加えてふたをし、約40分蒸し焼きにする(途中で、何回か肉を返す。じゃが芋も一度返す)。焼き上がりは、竹串を刺してみて、赤く濁った肉汁が出てこなければOK。
STEP7
肉を取り出し、アルミホイルに包んで15分置く。タコ糸を切り取り除いて、肉を切る。じゃが芋とともに器に盛る。

"ポルケッタ風豚のロースト"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

これに合わせたいのは、ミディアムボディの赤ワイン。赤身のお肉ではないので、あまり重くない方が合います。品種はそんなに難しく考えなくてOK。重すぎず、軽すぎずであれば、比較的なんでも合います。
もし選ぶのであれば、イタリアのサンジョベーゼがオススメ。程よい酸味が豚肉の脂と心地よく中和されて、相性抜群。

白ワインでも合います。その場合は、お肉のボリュームに負けないように、重め、しっかりめのものを選んでくださいね。

例えばこんなワイン

キアンティ スペリオーレキアンティ スペリオーレ
ポッジョトンド
キアンティ スペリオーレ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
上品な味わいで繊細な酸味は豚肉の脂や旨みと相性抜群。ハーブのような爽やかな香りもあるので、ローズマリーやタイムの香りともマッチ。
ポッジョ カンポローネポッジョ カンポローネ
ポデーレ・ラ・カッペッラ
ポッジョ カンポローネ
  • 国旗
  • スーペリアクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • フルボディ
  • スティルワイン
きれいな酸味と上品な赤果実風味。豚肉の旨みやハーブの香りを更に引き立て、脂をきれいに流してくれて心地よいマリアージュ。料理があると更においしく感じるワイン。
クレメンテ VII キアンティ クラッシコ リゼルヴァクレメンテ VII キアンティ クラッシコ リゼルヴァ

クレメンテ VII キアンティ クラッシコ リゼルヴァ
  • 国旗
  • スーペリアクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • フルボディ
  • スティルワイン
果実味と酸味のバランスがよく、豚の旨みやハーブの香りと心地よくマリアージュ。樽の印象も程よく、肉の香ばしさとマッチ。しっかりとした酸味が、豚の脂をきれいに流してくれます。
ルナ コンティ・ゼッカルナ コンティ・ゼッカ
アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ
ルナ コンティ・ゼッカ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / プーリア
  • 辛口
  • スティルワイン
ボリュームのある果実味に、豊かなミネラル感。豚肉の旨みを更に引き立ててくれます。程よく酸味があるので、豚の脂もきれいに流してくれて心地よいマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。