今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

「豚スペアリブと金柑の煮込み」ワインのおつまみレシピ

「豚スペアリブと金柑の煮込み」ワインのおつまみレシピ
旬の金柑を使ったワインに合うレシピのご紹介。豚スペアリブとの煮込みは、ディナーのメイン料理にも、ホームパーティーにも使えます!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う お肉のおかず

今回の主役は金柑。

今がちょうど生の金柑が出回る時期。
露地物は1月から3月にかけて収穫されます。

金柑といえば甘露煮にして食べるイメージが強いですが、でも、せっかく生の金柑が手に入る時期なので、そのままお料理に使いたいですよね。

というわけで、豚のスペアリブと一緒にコトコト煮込みます。
ジューシーな豚肉に金柑の甘みやほろ苦さが最高に合う!金柑の香りのアクセントが加わる事で、豚肉の旨みがより引き立ちます。

今日は、ワインを飲むディナーやホームパーティーで使えるメイン料理のご紹介!
食べた人に褒められる、そして、季節を感じる一品です。

材料

【材料 4人分】

豚スペアリブ   800g
金柑       10個
タマネギ     1個
生姜       15g
ニンニク     2片
砂糖       小さじ1
白ワイン     50cc
水        150cc
酢        50cc
ローリエ     1枚
塩        小さじ1/2+小さじ2/3
胡椒       適量

材料写真1

作り方

STEP1

タマネギは皮をむいて縦半分に切り、繊維に垂直に薄切りにする。生姜は皮をむいて、薄切りに、ニンニクも芯を取り除き、薄切りにする。金柑はヘタの部分を切り取り、半分に切る(種がある場合は取り出す)。

1
STEP2

スペアリブは塩小さじ1/2と胡椒をまぶし、フライパンで油は敷かずに中火で焼く。両面焼いたら、煮込む鍋に入れておく。

2
STEP3

②フライパンに、ニンニク、しょうが、タマネギ、塩ひとつまみを入れてさっと炒め、煮込み用の鍋に入れる。

3
STEP4

③の鍋に、水、酢、砂糖、白ワイン、ローリエを加えて蓋をして20分煮る。塩小さじ2/3を加えて、更に20分煮る。蓋を取り、更に10分煮込む。胡椒をふる。

4

このレシピのコツ・ポイント

煮込む時にお酢を使うのがポイント。
長い時間煮込まなくてもお肉が柔らかくなりますし、後味もさっぱりと仕上がります。

今回はスペアリブで作りましたが、肩ロースの塊肉や、脂が好きであればバラ肉でも美味しくできますよ♪

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、キリッとした酸味と果実のコクがある辛口白ワイン。
お酢や金柑の酸味に合わせてワインにも酸味、金柑の甘みや豚肉の旨みに合わせてワインにも果実のコクがあるものがオススメ。
私が選ぶオススメ品種はリースリング。キリッとした酸味がありつつ、フルーティーさを持ち合わせたこの品種。この甘酸っぱさが、この料理とピッタリ合うんです。

例えばこんなワイン

ウィマーラ リースリング

ローガン・ワインズ

ウィマーラ リースリング

  • カジュアルクラス
  • オーストラリア / ニュー・サウス・ウェールズ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

オレンジなど柑橘系の香りを持つこのワインは、金柑の香りや味わいとも抜群の相性。ほどよい果実味のコクが、豚肉の旨みや金柑の甘みとマッチ。

ホーム・クリーク ワイパラ リースリング

サザン・バンダリー・ワインズ

ホーム・クリーク ワイパラ リースリング

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 白 / やや甘口
  • スティルワイン
国旗

柔らかくふくよかな果実味のボディと優しい甘みが、金柑の甘みや、豚肉の脂の旨みとマッチ。フレッシュな酸味が金柑の酸味やほろ苦さと心地よいマリアージュ。

ザ・スプリングス リースリング

サザン・バンダリー・ワインズ

ザ・スプリングス リースリング

  • デイリークラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 白 / やや甘口
  • スティルワイン
国旗

柑橘系のアロマを持つこのワインは、金柑の香りと相性ピッタリ。ほのかな甘みは金柑の甘みを更に引き立てます。フレッシュな酸味はスペアリブの脂をスッキリと流してくれて後味も最高です。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。