今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

チキンとセロリと葡萄のサラダ
by 大橋 みちこ

ブドウを使ったワインに合うサラダ。ヨーグルトドレッシングでさっぱりヘルシー。

チキンとセロリと葡萄のサラダ

材料

  • 【材料(2〜3人分)】 
  • 鶏胸肉     150g
  • セロリ     1/2本(約60g)
  • 紫タマネギ   1/4個
  • ブドウ     5〜6粒
  • (巨峰やピオーネなど種無しのもの)
  • ピーカンナッツ 20g(クルミでもOK)
  • チャービル   適量
  • (ディルやイタリアンパセリでもOK)
  • ヨーグルト   大さじ3
  • マヨネーズ   大さじ1と1/2
  • 白ワイン    大さじ1
  • 塩       適量

作り方

ブドウは種なしのものを使ってください。
ハーブは、チャービルを使いましたが、ディルを使うともっと爽やかな風味になります。
STEP1
鍋に1リットルのお湯を沸かし、白ワインと塩小さじ1を加える。皮を取り除いた鶏胸肉を入れ、極弱火にして、ぐつぐつ煮立たない程度のお湯で8分ゆでる。
STEP2
①の肉はあら熱が取れたら、手で裂く。
STEP3
ピーカンナッツ(クルミ)はフライパンで乾煎りし、粗く刻む。
STEP4
紫タマネギは、繊維を切る方向に薄切りにし、塩少々をまぶして5分置く(水分が抜ける)。水にさっとさらして、水気をしっかりと切る。
STEP5
セロリは筋を取り、斜め薄切りにする。
STEP6
ブドウは皮のまま4〜5等分の薄切りにする。
STEP7
ボウルにヨーグルト、マヨネーズ、塩ふたつまみ、胡椒を入れて混ぜておく。
STEP8
⑦に鶏肉、ピーカンナッツ、紫タマネギ、セロリを加えて和える。味見をして、塩が足りないようであれば足し、ブドウとチャービルも加えて和える。

"チキンとセロリと葡萄のサラダ"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピに合わせたいのは、辛口のスパークリングワイン。
シャキシャキとした野菜の食感やさっぱりとした味わいに、爽やかな泡は好相性。
皮の渋みもさらっと心地よく流してくれます。

例えばこんなワイン

ロータリ ブリュット ロゼロータリ ブリュット ロゼ
ロータリ
ロータリ ブリュット ロゼ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
  • ロゼ
  • 辛口
  • スパークリングワイン
ロゼならではの果実味は、ブドウの甘みやナッツの香ばしさとマッチ。ヨーグルトドレッシングのさっぱり風味と、ワインのフレッシュさは抜群の相性。
セレナ プロセッコ トレヴィーゾ ブリュットセレナ プロセッコ トレヴィーゾ ブリュット
ヴィニコラ・セレナ
セレナ プロセッコ トレヴィーゾ ブリュット
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / ヴェネト
  • 辛口
  • スパークリングワイン
フルーティーな果実味は、ブドウの甘酸っぱさや、鶏肉の旨みとマッチ。セロリやヨーグルトの爽やかな風味とワインのフレッシュな酸味も好相性です。
ピノ ロゼピノ ロゼ
サンテロ
ピノ ロゼ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / ピエモンテ
  • ロゼ
  • 辛口
  • スパークリングワイン
ワインのフルーティーな果実味やコクは、ブドウの甘みやナッツの香ばしさと好相性。シュワシュワの泡はヨーグルトのさっぱり風味とマッチ。
バルディビエソ ブリュット ロゼバルディビエソ ブリュット ロゼ
ビーニャ・バルディビエソ
バルディビエソ ブリュット ロゼ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • ロゼ
  • 辛口
  • スパークリングワイン
ワインのチャーミングな果実味とブドウの甘みは相性ピッタリ。引き締まった酸味や泡の爽快感は、ヨーグルトやセロリのさっぱり風味ととてもよく合います。
モンサラ カバ セミ・セックモンサラ カバ セミ・セック
バルディネット
モンサラ カバ セミ・セック
  • 国旗
  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • やや甘口
  • スパークリングワイン
ワインのほのかに甘い果実味は、ブドウの甘みやナッツの香ばしさと好相性。きめ細かい泡立ちはヨーグルトのさっぱりとした風味とマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。