今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

マグロたたきといちじくのカルパッチョ風
by 大橋 みちこ

マグロといちじく!?意外な相性で赤ワインを楽しむ!

マグロたたきといちじくのカルパッチョ風

材料

  • 【材料 2〜3人分】
  • くるみ      20g(素焼きのもの)
  • マグロのさく   150g
  • (できれば中トロを使うとより美味しい)
  • 塩        小さじ1/3
  • 胡椒       少々
  • オリーブオイル  小さじ1
  • いちじく     2個(約120g)
  • みょうが     1個
  • クレソン     約25g(ルッコラやベビーリーフでも)
  • [a]
  • 醤油       小さじ1
  • オリーブオイル  小さじ1
  • バルサミコ酢   小さじ1/2

作り方

マグロは脂がのっている中トロを使った方が、よりいちじくとの相性が良くなります。クルミを散らすことで香ばしさのアクセントにも。
STEP1
くるみはフライパンで乾煎りして、手で2〜3つに割る。
STEP2
マグロに塩胡椒をまぶす。フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火でマグロの表面を焼く。冷蔵庫で冷やしておく。
STEP3
いちじくは6等分のくし形に切る。(皮が硬い場合は皮をむく)
STEP4
みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにする。
STEP5
クレソンは3〜4cmの長さに切る。
STEP6
[a]を混ぜる。
STEP7
②のマグロをそぎ切りにする。
お皿に、マグロ、いちじく、クレソン、みょうがを盛り、マグロに⑦をまわしかけ、ナッツを散らして胡椒をふる。

"マグロたたきといちじくのカルパッチョ風 "に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

この料理に合わせたいのは、ミディアムボディの赤ワイン。マグロは赤身の魚なので、白よりも赤ワインの方が合わせやすい。でも、旨みを活かすために、渋みはあまりない滑らかなものを。いちじくの甘味に合わせて、ジューシーな果実味のあるワインがおすすめです。

例えばこんなワイン

ライン・アンド・レングス カベルネ・ソーヴィニヨンライン・アンド・レングス カベルネ・ソーヴィニヨン
セント・ジョンズ・ロード
ライン・アンド・レングス カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • オーストラリア / サウス・オーストラリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
ワインのジューシーな果実味がいちじくの甘味とマッチしつつ、綺麗な酸味がマグロの脂を綺麗に流してくれます。上品なマリアージュ。
フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラフェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ
フェウド・アランチョ
フェウド・アランチョ ネロ・ダーヴォラ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ミディアムボディ
  • スティルワイン
海の近くのワインとマグロの相性は抜群。南らしいジューシーな果実味は、いちじくの甘味と合い、マグロの旨みの強さともマッチ。みょうがが余韻に爽やかに香ります。
コローシ ネロ・ダーヴォラコローシ ネロ・ダーヴォラ
カンティーネ・コローシ
コローシ ネロ・ダーヴォラ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / シチーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
甘ったるくなく程よいジューシーさと、綺麗な酸味があるので、いちじくの上品な甘味ともマッチし、マグロの旨みも引き立てます。
カントドーロカントドーロ
フェウド・アランチョ
カントドーロ
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • イタリア / シチーリア
  • フルボディ
  • スティルワイン
南らしいフルーティーな果実味は、いちじくの甘味と抜群の相性。ワインの旨みやコクが料理の旨みと相乗効果。ボリューム感も合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。