今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

塩豚とお豆のトマト煮込み

塩豚とお豆のトマト煮込み

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず 卵・大豆加工品

お豆の料理をご紹介。

乾燥のお豆を買ってきてゆでるのは、おいしいけれど時間と手間がかかって大変。
そんな時は缶詰を使いましょう!
色々なお豆の缶詰があります。今回は、レッドキドニーとひよこ豆を使いますが、お好みのもので大丈夫。

豆とトマトの煮込みは甘くておいしい。
塩豚を使えば、塩豚の旨みがお豆に染み込んで、ご馳走になります♪

材料

【材料 4〜5人分】

豚肩ロース肉   450g
塩        小さじ1と1/2
タマネギ     1/2個
セロリ      1本
にんにく     2片
カットトマト缶  1缶 
豆        約240g(缶詰でOK)
(今回は、レッドキドニーとひよこ豆を半分ずつ使用)
水        200cc
オリーブオイル  大さじ2
塩        適量
胡椒       適量

材料写真1

作り方

STEP1

豚肩ロース肉に塩をすりこんでペーパータオルで包み、その上からラップをする。一晩〜4日冷蔵庫に置く。(できれば毎日ペーパータオルを取り替える。)

1
STEP2

タマネギとセロリの茎はみじん切りにする。セロリの葉は5mm幅に切る。ニンニクも皮と芯を取り除き、みじん切りにする。豆はさっと洗って、水気を切っておく。

2
STEP3

①の肉を5〜6cm角に切る。フライパンを熱し、油をしかずに強火で豚肉の表面を焼く。焼き色がついたら取り出す。

3
STEP4

鍋にオリーブオイルをしき、弱めの中火で、にんにく、タマネギ、セロリの茎を炒める。焦げないように混ぜながら。しんなりしたら豆も加えてさっと炒める。

4
STEP5

カットトマト缶(ホールトマトの場合はトマトをつぶす)、水、③の豚肉を加え、蓋をして中火にかける。煮たったら弱火にして、1時間〜1時間半煮込む。

5
STEP6

塩豚の塩で充分味が出るが、足りなければ、塩で味を整え、胡椒をふる。

6

このレシピのコツ・ポイント

たっぷりとセロリを使うのがポイント。
セロリを使えば、他のハーブを使う必要なし!お肉の臭みも一切感じません。
セロリ自体の青臭さも、煮込む事によって心地よい爽やかさに変身。葉を使うことで彩りもよくなりますよ♪

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

ミディアムボディからフルボディの赤ワインが合います。

軽いと料理のボリューム感に負けてしまいます。塩豚の旨みと豆の甘みに合うコクや果実感があって、トマトの酸味に合うよう程よく酸味があるワインがオススメです。

例えばこんなワイン

キュヴェ パラッツァ

ドレイ・ドナ テヌータ・ラ・パラッツァ

キュヴェ パラッツァ

  • スーペリアクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

サンジョベーゼならではの甘酸っぱさが脂ののった豚肩ロース肉やトマトの酸味と相性ピッタリ!!豆やお肉の甘みを引き立ててくれます。

イル・プーモ プリミティーヴォ

サン・マルツァーノ

イル・プーモ プリミティーヴォ

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

レーズンのような凝縮した果実感と甘みが、豆の甘みやトマトソースのコクと相性抜群。ボリューム感も程よく、料理とマッチ!

アクスティック 赤

アクスティック・セリェール

アクスティック 赤

  • カジュアルクラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのジューシーで凝縮した果実味が、トマトや豆の甘み、豚肉の旨みを引き立てます。ワインの程よい酸味はトマトの酸味と寄り添い、心地よいマリアージュ。