今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

[牡蠣のソテー パクチーレモンおろし添え]ワインのおつまみ

[牡蠣のソテー パクチーレモンおろし添え]ワインのおつまみ
白ワインやスパークリグワインに合う牡蠣を使ったおつまみレシピ。ソテーした牡蠣にレモンとパクチーの風味を利かせた大根おろしをのせて。

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 白ワインに合う 魚介のおかず

簡単でホームパーティーなどおもてなしにも使える、ワインに合う牡蠣のおつまみレシピをご紹介。

プリプリで旨みたっぷりの牡蠣に、あっさりと酸味のきいたおろしは相性ピッタリ!
レモンの酸味とパクチーの香りで、大根おろしがより爽やかになって、牡蠣の濃厚な旨みに寄り添います。

牡蠣のおいしいこの季節、ぜひお楽しみください♪

材料

【材料 2人分】 

牡蠣       約160g(加熱用でOK)
大根       180g
国産レモン    1/4個(果汁約小さじ2)
パクチー     1〜2本(約10g)
粒マスタード   小さじ1
オリーブオイル  大さじ1
小麦粉      適量
塩        適量
胡椒       適量

作り方

STEP1

パクチーレモンおろしを作る。大根は皮をむき、すりおろす。パクチーは細かく刻む。レモンは果汁を絞り種を取り除く。

1
STEP2

①の大根おろしの水気をしっかりきってボウルに入れる。パクチー、レモン果汁、塩ひとつまみ、粒マスタードを加えて混ぜる。

2
STEP3

牡蠣は汚れが気になる場合は、塩水でさっと洗って、ペーパータオルなどで水気をしっかりと拭き取る。軽く塩をふり、小麦粉をまぶす。

3
STEP4

フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で牡蠣を焼く。

4
 

お皿に④の牡蠣を並べ、②のパクチーレモンおろしをのせる。胡椒をふり、レモンの皮のすりおろしを散らす。

5

このレシピのコツ・ポイント

大根おろしに粒マスタードを加えるのがポイント。味が締まります。

パクチーが苦手な方は、和風にシソを使ってもいいですし、今の季節だったら、セリを細かく刻んで混ぜるのもおいしいですよ♪

牡蠣以外にも、ホタテの貝柱で作ってもおいしくできます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、キリッと酸味がある辛口白ワイン。
牡蠣の旨みが強いので、ワインにもミネラル感が或る方が合います。海の近くで造られるワインだったり、シャブリなどがおすすめ。

辛口のスパークリングワインも合います。
レモンの酸味やパクチーの爽やかさは、スパークリングの爽快感と相性ぴったりです。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ インツォリア

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ インツォリア

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ミネラル感がとても豊かなので牡蠣の旨みとマッチ。レモンのようなキリッとした酸味もあり、料理の味と同調して相性バッチリ!!

マール・デ・リスボア 白

チョカパーリャ

マール・デ・リスボア 白

  • デイリークラス
  • ポルトガル / リスボア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュで瑞々しい果実味は、レモンおろしの爽やかな風味とマッチ。ミネラル感が牡蠣の旨みと好相性です。

シャブリ ラ・ピエレレ

ラ・シャブリジェンヌ

シャブリ ラ・ピエレレ

  • カジュアルクラス
  • フランス / ブルゴーニュ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

シャブリならではのミネラル感が牡蠣の旨みと相性抜群。ワインのキリッとした酸味もレモンの爽やかな酸味とマッチ。

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ スプマンテ ブリュット

ピエロ・マンチーニ

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ スプマンテ ブリュット

  • カジュアルクラス
  • イタリア / サルデーニャ
  • 白 / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ワインのレモンのような爽やかな風味とキリッとした酸味が、レモンの風味とマッチ。ミネラル感もあるので、牡蠣の旨みを引き立てます。余韻でパクチーの香りがふわりと鼻を抜けます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家。日々、日本の食材、旬の食材でワインに合うおつまみレシピを考案。
定番ものから、え!?これがワインに!?というものまで家で簡単にできるおつまみをご紹介します。

口コミ

最近、牡蠣が食べれるようになったので作ってみます。
2016/01/24by Emilia