WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

海老とセロリの餃子

海老とセロリの餃子
海老のプリプリ食感、セロリの爽やかな香りを楽しめる餃子レシピをご紹介!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う ロゼに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

今日は、ワインに合うセロリと海老を使った餃子レシピをご紹介。


海鮮餃子といえば代表格の海老。
セロリを入れることでプリプリした海老の触感にシャキシャキ感をプラス。
ピンクと薄緑の綺麗なコントラストも楽しめます。

ロゼワインの軽い果実感が加われば、見た目にも美味しいマリアージュの完成です。

材料

【材料 2〜3人分】 

むき海老     100g
 [海老の下味用]
   塩       小さじ1/4
   白ワイン    小さじ1
   オリーブオイル 小さじ1
   片栗粉     小さじ1
   胡椒      少々

豚ひき肉     50g
餃子の皮(大判) 約20枚
セロリの茎    1/2本分(約60g)
セロリの葉    5〜6枚
タマネギ     1/4個(約50g)
生姜       15g
ナンプラー    大さじ1/2
(なければ醤油で)
塩        小さじ1/3
オリーブオイル  適量
ライム      適量
(スダチやカボスでもOK)

材料写真1

作り方

STEP1

海老は背わたがあれば取る。片栗粉(分量外)をもみ込んで水でさっと洗い、水気を切る。

1
STEP2

①の海老を7〜8mmくらいに切り、ボウルに入れて下味用の調味料をもみこむ。

2
STEP3

セロリは筋を取り、みじん切りに。葉は千切りにする。タマネギもみじん切りにする。ボウルに入れて塩小さじ1/3をまぶし、5分置いて水分を絞る。生姜はすりおろす。

3
STEP4

ボウルに、②の海老、③のセロリとタマネギ、豚ひき肉、おろししょうがを入れて混ぜる。

4
STEP5

餃子を包む。まず、スプーンで皮の中心にティースプーン1杯くらいの具を置く。

5
STEP6

フチに水を塗り、4つひだを残すように、フチを中心に持ってきて留める。

6
STEP7

ひだの部分も指でつまみながらくっつける。

7
STEP8

フライパンにオリーブオイルを熱し、餃子を並べて中火で焼く。

8
STEP9

焼き色がついたらお湯(できればお湯で。水でもOK。)を注いで、蓋をして更に中火で焼く。約3分くらい焼いたら蓋をあけて水分を飛ばし、オリーブオイルを足してカリッと焼く。

9

このレシピのコツ・ポイント

海老にしっかりと下味をつけるのがポイント。食べたときに旨みをしっかり感じることができます。
セロリは茎だけでなく葉も使うと、香りがとてもよくなります。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口のロゼワイン。海老や豚肉でボリュームがありつつ、セロリの爽やかな風味がきいているので、重い赤や軽い白よりロゼが合う!
ロゼワインならではのコクやフルーティーさが、海老の甘みに合うし、セロリのほろ苦さを包み込んで心地よいマリアージュに。

例えばこんなワイン

フェウド・アランチョ ロザート

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ ロザート

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

チャーミングなベリー系の果実味が、海老の甘みを引き立てつつ、セロリのほろ苦さを包み込んで、美味しいマリアージュ。

ポッジョトンド トスカーナ ロザート

ポッジョトンド

ポッジョトンド トスカーナ ロザート

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フレッシュ&ドライな口当たりはセロリの爽快感や柑橘の酸味と相性抜群。ほのかにフルーティーな果実味が海老や豚のコクと合います。

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

シャトー・ド・ロムラード

キュヴェ・マリー・クリスティーヌ プロヴァンス ロゼ

  • カジュアルクラス
  • フランス / プロヴァンス
  • ロゼ / 辛口
  • スティルワイン
国旗

スッキリとした味わいが、セロリの爽やかさや、絞った柑橘の酸味とマッチ。海老の旨みと合う、ミネラル感もあるので相性ピッタリ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。