今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

イタリアン揚げ餃子

イタリアン揚げ餃子
ドライトマトやチーズ、オリーブを使ったカルツォーネ風の変わり種餃子。

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 赤ワインに合う 野菜のおかず お肉のおかず

最近ちまたで流行っている、餃子とワインのマリアージュ。

今回は、イタリアのカルツォーネのような、変わり種餃子。
挽肉にドライトマトやチーズ、オリーブを加えて、イタリア風味に。

焼いても揚げても美味しいこの餃子、イタリアの微発砲赤ワイン、ランブルスコとの相性は抜群です!

材料

【材料 2〜3人分】 

合い挽き肉     150g
餃子の皮(大判)  約20枚
タマネギ      1/2個(約80g)
ドライトマト    10g
ピザ用チーズ    25g
バジル       5〜6枚
ニンニク      1片
ワイン       小さじ2
(赤でも白でも。)
オリーブオイル   小さじ1
塩         小さじ1/4
胡椒        適量

材料写真1

作り方

STEP1

ドライトマトは水に浸して戻す。

1
STEP2

ドライトマトとバジルとオリーブを粗みじん切りにする。ニンニクはすりおろす。

2
STEP3

タマネギはみじん切りにして、塩小さじ1/4をまぶして5分置き、水気をしぼる。

3
STEP4

ボウルに、合い挽き肉、ドライトマト、バジル、オリーブ、タマネギ、ピザ用チーズ、おろしニンニク、ワイン、オリーブオイル、胡椒を入れてよく混ぜる。

4
STEP5

餃子を包む。まず、スプーンで皮の中心にティースプーン1杯くらいの具を置く。

5
STEP6

フチに水を塗り、半分に折って、フチを指でおさえてくっつける。

6
STEP7

上の部分を5mmくらい折り畳む。

7
STEP8

右端にむかって、3回くらい同じように折り畳む。左側も同じようにする。揚げ油を熱し、160〜170℃で黄金色になるくらいまで揚げる。

8

このレシピのコツ・ポイント

タマネギは切ってから塩をふって、しっかりと水気を切ってください。こうすることで水っぽくなってしまうのを防げます。揚げ餃子ではなく、焼き餃子にしても美味しいですよ!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この餃子に合わせるオススメはイタリアの微発砲赤ワイン、ランブルスコ。爽快な泡が、揚げた衣の油をさっぱりと流してくれて爽やかなマリアージュ。ドライトマトの旨みや酸味、バジルの清々しい香りも、ランブルスコの風味とマッチします。
ライト〜ミディアムボディで程よく酸味がある赤ワインとも合いますよ。

例えばこんなワイン

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

メディチ・エルメーテ

クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ

  • デイリークラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / やや辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

シュワシュワで爽快な泡は揚げ物との相性抜群。ジューシーな赤果実風味は、トマトの酸味や甘み、肉汁の甘みとピッタリ合います。

アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ

メディチ・エルメーテ

アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / 辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

このワインのしっかりと凝縮感のある果実味は、トマトやチーズの旨みをプラスしたジューシーな肉だねとの相性抜群。すっきりとした泡や酸味が、後味をさっぱりと感じさせてくれます。

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

メディチ・エルメーテ

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / 辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

ワインのふくよかでジューシーな果実味は、ぎゅっと旨みの詰まった肉だねと好相性。ドライトマトの酸味やバジルの爽やかな香りともマッチして、抜群のマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。