今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

アクアパッツァ
by 大橋 みちこ

貝が美味しいこの季節、絶対食べたいアクアパッツァ!〆のパスタも絶品です。

アクアパッツァ

材料

  • 【材料 2人分】
  • 魚        1尾
  • (今回はイサキを使用。200〜250g)  
  •   塩      ふたつまみ
  •   胡椒     少々
  • アサリ      250g
  • ドライトマト   7g
  • ミニトマト    4個(約50g) 
  •     + 6個(約75g)(パスタ用)
  • ケッパー     大さじ1/2
  • にんにく     1片
  • 白ワイン     大さじ1と1/2
  • 水        100cc
  • パスタ      100g
  • イタリアンパセリ 適量

作り方

お魚はイサキの以外でも、鯛やスズキ、メバル、カサゴ、イトヨリなど手に入る白身のお魚でOK。丸ごと使う場合は、ウロコと内蔵だけ取ってください。
切り身でもいいです。切り身の場合も作り方は同じで、塩胡椒して焼いてという手順でOKです。

ドライトマトとミニトマトのトマトダブル使いによって、トマトのコクや甘みとフレッシュな酸味、両方が味に加わって味わい深くなります。どちらかしかなければ、どちらかでもOK。
STEP1
アサリの砂抜きをする(アサリが重ならずに入るバットに、アサリが浸るくらいの約3%の塩水(300mlの水に塩小さじ2くらい)を用意し、アルミホイルや新聞で暗くして、2~3時間。)
[〆パスタの作り方]アクアパッツァの残った汁をフライパンで温める。半分に切ったミニトマト(パスタ用)とを加えて軽く煮る。
STEP3
パスタを表示の時関より2分半短くゆでる。⑩のフライパンに入れ、1分半〜2分半煮たら(時々味見して固さを見る)、塩胡椒で味を整える。
STEP4
ドライトマトを100ccの水に入れてもどす。細かく切る。戻し汁は取っておく。
STEP5
魚はウロコと内蔵を取り、洗って水気をよくふく。身の厚い部分に切り目を入れる。両面に塩こしょうをふって5分おく。水分が出てきたらペーパータオルでふく。
STEP6
ミニトマトは横半分に切る。
STEP7
ケッパーは粗みじん切りにし、ニンニクは半分に切って芽を取り除き、つぶす。
STEP8
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で熱して香りを出す(焦げないように注意。)
STEP9
中火で魚の両面を焼く。指やフライ返しで抑えながら焼くときれいに焼ける。
STEP10
焼き色がついたら、ドライトマト、あさり、ケッパー、白ワイン、ドライトマトの戻し汁を加える。
STEP11
沸騰したら中火にし、ふたをして5分煮る。あさりの殻が開いて煮汁にとろみがでたらできあがり。(塩気はアサリから出るので充分だと思いますが、足りなければここで足して下さい)イタリアンパセリを飾る。

"アクアパッツァ"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワイン。
中でも海の近くで造られている、ミネラルっぽさや旨みがある味わいのものがオススメ。魚介を食べるときは、やっぱり海の近くのワインが合わせやすい。
「海の素材×海のワイン」のマリアージュ。

アクアパッツァはイタリアの、ナポリがあるカンパーニャ州の料理なので、同じくカンパーニャ州のワインでもいいし、シチリアやサルデーニャなど島のワインでもいいですね。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。

同じ食材(貝類)を使ったレシピ

同じ食材(白身魚)を使ったレシピ

同じ食材(トマト)を使ったレシピ