今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

アスパラとそら豆と(新)ジャガイモのスペイン風オムレツ

アスパラとそら豆と(新)ジャガイモのスペイン風オムレツ
春野菜たっぷりのスペイン風オムレツ。スッキリ系の白ワインにぴったり。

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 野菜のおかず 卵・大豆加工品

春野菜をたっぷりと使ったスペイン風オムレツのレシピをご紹介!

しっとりと焼けたオムレツの中は野菜の旨味たっぷり。ジャガイモのホクホク感、アスパラやそら豆の甘み、食感も色々で食べていて楽しい。

シンプルに野菜の美味しさを味わえるレシピで、白ワインにぴったりのおつまみになります。

材料

【材料 4人分】

卵         4個
アスパラ      2〜3本(約80g)
そら豆       12〜15粒
(新)じゃがいも  1個(約100g)
塩         一つまみ+小さじ1/4
オリーブオイル   
    大さじ1/2+大さじ1+大さじ1/2
胡椒        適量

材料写真1

作り方

STEP1

じゃがいもは皮をむき、6〜7mmのいちょう切りにする。さっと水にさらして水気を切り耐熱の器に入れてすっと竹串が通るくらいの柔らかさまでレンジで加熱する(500wで2分くらい。茹でてもOK)

1
STEP2

そら豆はさやから出し、沸騰したお湯に入れて1分半茹でて、薄皮をむく。

2
STEP3

玉ねぎは薄切り、アスパラは筋の部分をピーラーで剥いて、3〜4mmの厚さの斜め切りにする。

3
STEP4

小さめのフライパン(18cm前後)にオリーブオイル大さじ1/2を熱し、③の玉ねぎとアスパラに塩ひとつまみを加えて炒める。

4
 

ボウルに卵を割り入れ、塩小さじ1/4、胡椒を混ぜ、④の玉ねぎとアスパラ、①のじゃがいも、②のそら豆を加えて軽く混ぜる。

5
STEP6

フライパンをペーパータオルなどで拭いて綺麗にし、オリーブオイル大さじ1を弱めの中火で熱する。しっかり温まったら、⑤の卵液を流し入れる。フライパンの面がこんがりと色づくまで焼く。

6
STEP7

フライパンより大きいお皿をかぶせて、焼いた面が上になるように一旦取り出す。

7
STEP8

フライパンをペーパータオルで拭いて、オリーブオイル大さじ1/2を熱し、⑦のオムレツの焼けていない面を下にして、弱めの中火で焼く。

8

このレシピのコツ・ポイント

かたい野菜が残ってしまわないように、オムレツを焼く前に、中の具材には火を通しておくのがポイント。アスパラ多め、や、そら豆多めなど、野菜の量はお好みで調整してもいいですよ♪

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口の白ワイン。野菜そのものの旨みを引き立ててくれるような、優しい味わいのものがオススメです。

例えばこんなワイン

フィロコ ドウロ 白

キンタ・ド・フィロコ

フィロコ ドウロ 白

  • デイリークラス
  • ポルトガル / ドウロ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味とフレッシュな酸味が、野菜の甘みや旨みを引き立てます。ジャガイモのホクホクとした質感ともマッチ。

サンタ・マッダレーナ ミュラー・トゥルガウ

カンティーナ・ボルツァーノ

サンタ・マッダレーナ ミュラー・トゥルガウ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

爽快で上品な果実味は、野菜の旨味や甘みと好相性。フレッシュな酸味も素材の味を邪魔せずに、心地よく広がります。

ラッチ・デ・ライム 白

セリェール・ピニョル

ラッチ・デ・ライム 白

  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

綺麗な酸味と優しい果実味は、野菜の甘みや旨味を引き立てます。ボリューム感もちょうどよく、心地よい相性。

ソアーヴェ オーガニック

カーサ・ヴィニコラ・サルトーリ

ソアーヴェ オーガニック

  • デイリークラス
  • イタリア / ヴェネト
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

フルーティーな果実味は、野菜の持つ甘みとマッチ。さっぱりとしたマリアージュを楽しめます。

アラミス 白

ファミーユ・ラプラス

アラミス 白

  • デイリークラス
  • フランス / シュッド・ウエスト
  • 白 / やや辛口
  • スティルワイン
国旗

優しく上品な果実味は、野菜そのものの旨味や甘みを引き立てます。ボリューム感もちょうどよく、料理の味わいとマッチ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。