今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

洋風鯛めし
by 大橋 みちこ

お鍋で炊く具材たっぷり洋風鯛めし

洋風鯛めし

材料

  • 【材料(4〜6人分)】
  • 米        2合
  • 鯛の切り身    4〜6切
  • (人数に合わせる)
  • 薄力粉      適量
  • アスパラ     3本(約100g)
  • 菜の花      80g
  • セロリ      1/2本(約80g)
  • 新玉ねぎ     1/2個
  •         (普通の玉ねぎでも)
  • にんにく     1片
  • コンソメ     1個
  • オリーブオイル  小さじ2+大さじ1
  • 塩        小さじ1/3+適量
  • ケッパー     大さじ1と1/2
  • パルミジャーノ  適量
  • ピンクペッパー  適量

作り方

中のスープがずっとグツグツしている状態を保てるように、煮始めるの時や蓋を開けた後は火を強めにするなど、火加減を調整してください。仕上げのケッパーやレモンで、酸味が加わり味が引き締まります。
STEP1
お米は研いでザルにあげておく。にんにく、セロリ、新玉ねぎをみじん切りにする。仕上げ用のケッパーを粗く刻み、チーズを削っておく。
水400cc(できればお湯)にコンソメと塩小さじ1/3を加えて混ぜておく。
STEP3
鍋にオリーブオイル大さじ1を熱し、にんにくとセロリと新玉ねぎを、塩ひとつまみをふって弱めの中火で炒める。
STEP4
米も加えて炒め、全体が熱くなったら⑥のスープを加えて沸騰したら蓋をして強めの中火で5分煮る。
STEP5
蓋を開けて、③のアスパラと④の菜の花、⑤の鯛をのせる。火を強めて再度グツグツしたら蓋を戻し、弱火で10分蒸す。
STEP6
⑨のタイマーがなったら、10秒強火にかけて、火を止めてそのまま10分蒸す。鯛を一旦取り出して混ぜ器に盛り、鯛をのせて、ケッパー、チーズ、ピンクペッパーを散らし、レモンを添える。
STEP7
鯛の切り身に、塩少々をふり、5分くらい置いて水気を拭き取る。薄力粉を薄くまぶす
STEP8
アスパラは根元の固い部分を切り落とし、下の方だけピーラーで皮をむいて、斜め薄切りにする。
STEP9
菜の花は2cmの長さに切る。
STEP10
フライパン(鍋でもOK)にオリーブオイル小さじ2を熱し②の鯛を中火で両面焼き、取り出す。

"洋風鯛めし"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピに合わせたいのは、辛口の白ワイン。菜の花の苦味が効いているので、それを包み込む果実の甘みがあるものがオススメ。鯛の旨味を引き立てるミネラル感も感じるワインだと更に合います。

例えばこんなワイン

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。