WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

牛肉とキノコとアンチョビのトマトソースパスタ

牛肉とキノコとアンチョビのトマトソースパスタ
牛肉とキノコを使った赤ワインに合うパスタ

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う パスタ・麺・パン

赤ワインにぴったりのパスタレシピをご紹介。牛肉やキノコ、アンチョビの旨味を効かせたトマトソースはコクや複雑味があって、香りも味も楽しめます。
ソースを使うパスタは、パスタを短めに茹でて、そのあとにソースの中で吸わせながら炒め煮すると美味しくできますよ。

材料

パスタ     180g
ニンニク    1片
アンチョビ   10g
玉ねぎ     1/2個(紫玉ねぎでも)
しいたけ    100g
 (他のキノコでも)
パセリ     適量
牛肉      100g
 (こま切れでも薄切りでも)
オリーブオイル 大さじ2
赤ワイン    大さじ2
カットトマト缶 1/2缶
 (約200g。ホールトマトは手で潰す)
ローリエ    1枚
塩       約小さじ1/2
胡椒      適量
パルミジャーノ・レッジャーノ 適量(お好みで)

作り方

STEP1

ニンニクとアンチョビはみじん切りに、玉ねぎは繊維に垂直に薄切りにする。しいたけは5mm幅くらいに、パセリはみじん切りにする。牛肉は一口大にきる。

1
STEP2

フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクとアンチョビを弱火で炒める。香りが出て来たら中火にして玉ねぎとしいたけを加えて炒め、しんなりして来た牛肉も加えてさらに炒める。

2
 

パスタを塩を加えた湯で茹でる(表示の時間より2分くらい短めでいい)。

3
STEP4

②のフライパンに赤ワインを加え、アルコールを飛ばし、トマト缶、ローリエを加え、グツグツと煮立ったら弱火にして3分煮る。塩胡椒で味を整える。

4
STEP5

パスタを加えて、1分半〜2分、パスタがちょうど良い固さになるくらいまでソースの中で煮る。

5
 

器に盛り、パセリをトッピングする。お好みですりおろしたパルミジャーノもかける。

6

このレシピのコツ・ポイント

今回はしいたけを使用していますが、舞茸、マッシュルーム、しめじなどお好みのキノコを使ってOK!!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、ミディアム〜フルボディの赤ワイン。程よく酸味があるものだと、トマトの酸味とマッチ。牛肉やキノコのコク、アンチョビの旨味はワインの赤果実風味と合います。

例えばこんなワイン

サンアントニオ ヴァルポリチェッラ スペリオーレ ナンフレ

テヌータ・サンアントニオ

サンアントニオ ヴァルポリチェッラ スペリオーレ ナンフレ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / ヴェネト
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

程よくジューシーで程よく酸味のある心地よい果実味が、トマトソースのコクや酸味と相性ぴったり。フレッシュな味わいの中にも旨みがあるので、牛肉とアンチョビ、キノコの香りも引き立ててくれます。

トレ・グラッポリ コンティ・ゼッカ

アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ

トレ・グラッポリ コンティ・ゼッカ

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのジューシーな赤果実風味がトマトソースの甘酸っぱい風味と相性抜群。コクがあるので、牛肉やキノコの風味ともマッチします。

ラーマ・ディ・ピエトラ ネーロ・ディ・トロイア

カンティーナ・ディオメーデ

ラーマ・ディ・ピエトラ ネーロ・ディ・トロイア

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの凝縮した果実風味と、アンチョビのやキノコの旨味が詰まったトマトソースがマッチ。程よい酸味とトマトの酸味も相性ぴったり。

キアンティ オーガニック

ポッジョトンド

キアンティ オーガニック

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トスカーナ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの豊かな赤果実風味は、アンチョビやキノコの旨味たっぷりのトマトソースと相性抜群。牛肉のコクとも合います。

カルドーラ サンジョヴェーゼ

カルドーラ

カルドーラ サンジョヴェーゼ

  • デイリークラス
  • イタリア / アブルッツォ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

サンジョベーゼらしいコクと酸味が、トマトソースの酸味やきのこ、アンチョビの旨味とマッチ。牛肉の旨味も引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。