WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

かぼちゃとベーコンとマスタードのコロッケ

かぼちゃとベーコンとマスタードのコロッケ
オレンジ色鮮やかなかぼちゃのコロッケ

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 野菜のおかず

色とりどりなカラフルコロッケ。今回は、かぼちゃを使ったオレンジ色のコロッケレシピをご紹介。
ベーコンでコクをプラス。マスタードも加えることで、甘いかぼちゃの味が引き締まります。カシューナッツで食感のアクセントを加えるのもポイントです。

材料

【材料 ミニサイズ10個分】

かぼちゃ      約280g
(皮をむいた状態で)
ベーコン      60g
カシューナッツ   40g
粒マスタード    小さじ2
塩         小さじ1/4
胡椒        適量
チェダーチーズ   40g
薄力粉       適量
溶き卵       適量
パン粉       適量

作り方

 

かぼちゃは皮をむき、3〜4cmくらいの大きさに切り、水から茹でる。竹串がすっと通るくらいの柔らかさになったらざるにあげる(かぼちゃを2〜3つに分け、一つずつラップに包み600wのレンジで100g当たり2分加熱しても良い)。

1
 

ベーコンは5mm幅に切る。カシューナッツは粗く刻む。

2
 

フライパンに油を敷かずにベーコンを入れて弱めの中火でカリカリに炒める。

3
 

①のかぼちゃをボウルに入れて潰し、②の炒めたベーコン、カシューナッツ、粒マスタード、塩、胡椒を加えて混ぜる。味見をして、塩気が足りなければ塩で味を整える(チェダーチーズに塩分があるので、しょっぱくなりすぎないように注意)。

4
 

④を10等分に分け、10等分に分けたチェダーチーズを包んで丸め、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

5
 

揚げ油を温め、160℃の油できつね色になるまで揚げる。

6

このレシピのコツ・ポイント

揚げ物なので、スパークリングワインとは相性抜群。特に果実味のボリューム感があるものだと、かぼちゃの甘みと特に合います。マスタードの酸味とワインの酸味もマッチ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

マスタードの酸味とカシューナッツの食感を加えることで、甘味が強いかぼちゃの味がグッと引き締まります。食べ飽きしないかぼちゃコロッケに。

例えばこんなワイン

グラハム・ベック ブリュット

グラハム・ベック ワインズ

グラハム・ベック ブリュット

  • カジュアルクラス
  • 南アフリカ / ウエスタン・ケープ
  • 白 / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ワインのふくよかな果実味のコクと、かぼちゃの甘みは抜群の相性。ベーコンの旨味やカシューナッツのコクとも合います。

ロータリ ブリュット ロゼ

ロータリ

ロータリ ブリュット ロゼ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
  • ロゼ / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ドライな味わいのロゼスパークリングで、かぼちゃの甘みや衣の油をさっぱりと流してくれます。旨味もあるので、ベーコンやカシューナッツとも好相性。

バルディビエソ ブリュット ロゼ

ビーニャ・バルディビエソ

バルディビエソ ブリュット ロゼ

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • ロゼ / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ワインのフルーティーな果実味がかぼちゃの甘みとマッチ。シュワシュワの泡が衣の油を心地よく流してくれる効果も。

バルディビエソ ブリュット

ビーニャ・バルディビエソ

バルディビエソ ブリュット

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 白 / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ワインのフレッシュな酸味はマスタードの酸味と、フルーティーな果実味はかぼちゃの甘みとマッチ。泡が衣の油をさっぱりと流してくれます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。