WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

牛肉とクミンのポテトコロッケ

牛肉とクミンのポテトコロッケ
くるみとクミンがポイントのおつまみコロッケ

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 赤ワインに合う 野菜のおかず お肉のおかず

牛肉を使ったポテトコロッケ。おつまみにぴったりのコロッケですが、この2つの食材でさらにお酒に合う味わいに。
それは、「くるみ」と「クミン」。
くるみの食感と香ばしさ、クミンの香りが味わいをより豊かに。
ちょっと大人味のコロッケ、ぜひお試しください!

材料

【材料 ミニサイズ10個分】

じゃがいも     約280g
ニンニク      1片
玉ねぎ       1/2個
くるみ       25g
オリーブオイル   小さじ2
牛ひき肉      150g
ウスターソース   大さじ1/2
塩         小さじ1/3 + 適量
パプリカパウダー  小さじ1/2
クミンパウダー   小さじ1/2
胡椒        適量

薄力粉       適量
溶き卵       適量
パン粉       適量

作り方

 

じゃがいもは皮をむき、3〜4cmくらいの大きさに切り、水から茹でる。竹串がすっと通るくらいの柔らかさになったらざるにあげる(洗ったじゃがいもを1個ずつラップに包み600wのレンジで100g当たり2分加熱しても良い)。

1
 

ニンニクと玉ねぎはみじん切りにする。くるみも粗く刻む。

2
 

フライパンにオリーブオイルを熱し、②のニンニクと玉ねぎを炒める。しんなりしたら牛ひき肉を加え、火が通ったら、ウスターソース、塩、パプリカパウダー、クミンパウダー、胡椒で味を整える。

3
 

①のじゃがいもをボウルに入れて潰し、③の炒めた牛ひき肉を加えて混ぜる。味見をして、塩気が足りなければ塩で味を整える。

4
 

④を10等分に分けて丸め、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

5
 

揚げ油を温め、160℃の油できつね色になるまで揚げる。

6

このレシピのコツ・ポイント

くるみとマスタードを加えるのがポイント。くるみの食感と香ばしさ、マスタードの酸味が味わいに深みを加えてくれます。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

揚げ物なので、スパークリングワインとは特に相性◎。牛肉を使うので、ロゼやランブルスコのような赤い発泡とも相性ぴったり。赤ワインも合いますよ。

例えばこんなワイン

ロータリ ブリュット ロゼ

ロータリ

ロータリ ブリュット ロゼ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
  • ロゼ / 辛口
  • スパークリングワイン
国旗

ロゼならではのコクが牛肉の旨味とマッチ。ドライな味わいで酸味もキリッとしているので、マスタードの酸味とも相性ぴったり。

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

メディチ・エルメーテ

コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / エミリア・ロマーニャ
  • 赤 / 辛口
  • スパークリングワイン(弱発泡性)
国旗

牛肉やくるみのコクと、ワインの赤果実風味は相性抜群。ボリューム感が合います。余韻にクミンが香る心地よい組み合わせ。

ラッチ・デ・ライム 赤

セリェール・ピニョル

ラッチ・デ・ライム 赤

  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの程よい果実味のボリュームが、牛肉のコクやジャガイモの甘味とマッチ。マスタードの酸味が全体の味を引き締め、クミンが余韻に香ります。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。