今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

ふきのとうとアンチョビとクリームチーズのカナッペ

ふきのとうとアンチョビとクリームチーズのカナッペ
ふきのとうの苦味が味の決め手

by 大橋 みちこ

スパークリングワインに合う 野菜のおかず

生のふきのとうが手に入る時に是非作っていただきたいおつまみレシピ。

アンチョビの旨味とニンニクの香り、そこにふきのとうの苦味を効かせたクリームチーズのディップにします。
トーストしたバゲットなどに塗って食べれば、ワインが止まらないおつまみに。

ほのかに甘いスパークリングと合わせると、最高のマリアージュを楽しめます。

旬の時期が短いからこそ、その時に絶対食べたい、そんなおつまみです。

材料

【材料10枚分】

バゲットスライス   10枚
アンチョビ      15g
にんにく       1片
ふきのとう      2〜3個(約40g)
オリーブオイル    大さじ2
クリームチーズ    60g
胡椒         少々

作り方

 

ふきのとうは素揚げする。粗熱が取れたら、粗く刻む。

1
 

アンチョビは粗く刻み、にんにくはみじん切りにする。

2
 

フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火でアンチョビとにんにくを炒める。ボウルに取り出して冷ます。

3
 

① ③の粗熱が取れたらクリームチーズに混ぜ、①のふきのとうも加えてさっくり混ぜる。(ふきのとうの形が見えるくらい、さっくりと)塩胡椒で味を整える。

4
 

トーストしたバゲットのスライスに④を塗る。

5

このレシピのコツ・ポイント

ふきのとうを素揚げするのが面倒であれば、刻んで炒め方法もありますが、色が茶色くなってしまいます。綺麗な緑色を出したければ素揚げしてくださいね。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このおつまみに合わせたいのは、ほのかに甘みのあるスパークリング。ふきのとうの苦味が強いので、辛口で合わせると苦味がより強く感じられてしまうことも。甘味があると、苦味と中和し、心地よい相性に。

例えばこんなワイン

モンサラ カバ セミ・セック

バルディネット

モンサラ カバ セミ・セック

  • デイリークラス
  • スペイン / カタルーニャ
  • 白 / やや甘口
  • スパークリングワイン
国旗

ワインの優しい甘みが、ふきのとうの苦味と合わさると至福のマリアージュに。程よい酸味はクリームチーズとの相性もぴったり。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。