今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

イワシのソテー モロヘイヤと梅とマスタードのソース

イワシのソテー モロヘイヤと梅とマスタードのソース
モロヘイヤのネバネバをソースに活用!お魚を美味しく食べれる夏レシピ。

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 魚介のおかず

ねばねば食材は腸内環境を良くしてくれたり、コレステロールを下げてくれたり、免疫あげてくれたり、いい効能がたくさん。
でもただ食べるだけだと飽きちゃうしつまらないので、せっかくなら色々な料理で楽しみたい。
というわけで、今回はモロヘイヤをソースにしたレシピを。

ネバネバのおかげで、具材に絡むので美味しい。
梅とマスタードの酸味を活かして、ワインにぴったりの料理にしました。

材料

【材料  2人分】 
イワシ     3尾(3枚おろしで6枚)
塩       小さじ1/4
薄力粉 適量
オリーブオイル 大さじ1/2 + 大さじ1/2

モロヘイヤ   60g
ニンニク    1/2片
梅       正味6g(塩分13%の場合)
粒マスタード  小さじ1と1/2
粗挽き黒胡椒  適量

作り方

 

イワシは3枚におろし、塩をふる。5分ほど置いたら、出てきた水分をペーパーで拭き取る。

1
 

モロヘイヤは葉と茎を分け(茎の下半分は固いので使わない)、茎は1分、葉は20秒茹でる。細かく刻む。

2
 

ニンニクはみじん切りに、梅干しは種を取り除いて叩く。(梅干しの量は、塩分の強さによって調整してくださいね。)

3
 

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を熱し、ニンニクを弱火で炒める。香りが出てきたらモロヘイヤと梅とマスタードを加えてさっと炒め、黒胡椒をふる。器に取り出す。

4
 

①のイワシに薄力粉をふる。

5
 

フライパンをキレイにし、オリーブオイル大さじ1/2を熱し、イワシを皮目から焼く。焼いている途中はあまり触らない。8割くらい身が白くなったら裏返してさっと焼く。

6
 

器にイワシを盛り、モロヘイヤのソースをのせる。

7

このレシピのコツ・ポイント

このモロヘイヤソース、今回はイワシですが、アジでもいいし、他のお魚でも美味しくできます。チキンソテーとかポークソテーでもOK。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

この料理に合わせたいのは、ライト〜ミディアムボディの赤ワイン。
イワシは青魚で、香りや味も強め。白よりも赤の方が合わせやすい。梅の酸味も効いているので、重めというより、酸味もちゃんとあるものを。
品種としてはピノ・ノワールがオススメです。

例えばこんなワイン

ティンポット・ハット マールボロ ピノ・ノワール

ティンポット・ハット・ワインズ

ティンポット・ハット マールボロ ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの程よい酸味が、ソースの酸味とマッチ。果実味のコクや旨味は、イワシの風味も引き立てます。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。