今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

ひじきと梅とオリーブのタプナード風パスタ

ひじきと梅とオリーブのタプナード風パスタ
ひじきと梅干しで和風のタプナード!?

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず パスタ・麺・パン

今回は作り置きできて、ワインにもぴったりのソースのレシピをご紹介。
南仏の定番、タプナードを和風にアレンジ。
オリーブとアンチョビに、ひじきと梅干しをプラスすることで、
ひじきの食感や香り、梅干しの酸味も加わって、より深みのある味わいに。海藻もたっぷりたべれるので、体にもいい

色々な食材に合うので、今回はブロッコリーだけでシンプルにパスタですが、シラスやエビなどの魚介を足してもいいし、ベーコンや鶏肉などを足してボリュームアップしても美味しいです。

材料

【材料 2〜3人分】

ひじきと梅のタプナードソース 約150g
ショートパスタ        100g
(写真はコンキリエを使用)
ブロッコリー         120g
スプラウト          適量
ピンクペッパー        適量


【ソースの材料(作りやすい分量)】
乾燥ひじき   20g
(戻して約190g)
ニンニク    3片
アンチョビ   12g
オリーブオイル 大さじ2+大さじ5〜6
黒オリーブ   50g(種なし)
梅干し     正味20g
(塩分13%の場合)
胡椒      適量

作り方

 

まずソースを作る。ひじきは水で戻す。

1
 

ニンニクは薄切り、アンチョビは粗く刻む。梅干しは種を取り除き、叩く。

2
 

フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、ニンニク、アンチョビを弱火で炒める。香りが出てきたら①のひじきも加えて水分を飛ばすように炒める。

3
STEP4

オリーブと梅干し、胡椒も加えてさっと炒める。

4
STEP5

フードプロセッサーやハンドミキサーで、オリーブオイル大さじ5〜6を足しながら撹拌する。(塩気が足りなければ塩か梅干しで調整する。)

5
 

ショートパスタを塩を加えた湯で茹で始める。

6
 

ブロッコリーは小房に分け、パスタが茹で上がる1分半前に加えて一緒に茹でる。

7
 

茹で上がったらタプナードソースを和えて器に盛り、スプラウトを散らす。ピンクペッパーもあれば、つぶしながら散らす。

8

このレシピのコツ・ポイント

塩ではなく梅干しを使うことで、酸味と香りも加わりソースの味の深みがぐっと増します。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

これに合わせたいのは、軽めの赤ワイン。
オリーブやひじきのコクがあるので、白やロゼもいいけど、赤が特にオススメ。
梅干しの酸味に合わせて、酸味もあるものを選ぶと相性ぴったりです!

例えばこんなワイン

ウィマーラ ピノ・ノワール

ローガン・ワインズ

ウィマーラ ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • オーストラリア / ニュー・サウス・ウェールズ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの軽やかな果実風味が、オリーブのコクやひじきの風味とマッチ。ピノ・ノワールならではの酸味と梅干しの酸味も相性抜群。

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

ドメーヌ・ポール・マス

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの完熟した赤果実風味が、オリーブのコクと好相性。程よい酸味もあり、梅干しの酸味ともマッチ。

ホーム・クリーク ピノ・ノワール

サザン・バンダリー・ワインズ

ホーム・クリーク ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ピノ・ノワールならではの、可愛らしい果実味と酸味が、オリーブのコクや梅干しの酸味と寄り添い、心地よいマリアージュに。

パヌール ピノ・ノワール リザーヴ オーク・エイジド

ビニェードス・エラスリス・オバリェ

パヌール ピノ・ノワール リザーヴ オーク・エイジド

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの柔らかい果実味が、オリーブのコクとマッチ。心地よい酸味もあり、梅干しの酸味とも好相性。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。著書に「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」(ぴあ)。