今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うペアリングレシピ(料理・おつまみ)

白身魚のソテー トマトとみょうがのソース
by 大橋 みちこ

白身魚はシンプルにソテーに。
そこに、ミニトマトの甘酸っぱい風味やとみょうがの香りが爽やかなソースを添えます。
ビネガーやケッパーの酸味もしっかり効かせて、夏にぴったりの清々しい味わいに。

白身魚のソテー トマトとみょうがのソース

材料

  • 【材料 2人分】 
  • 白身魚の切り身     2切れ
  • (鯛、イサキ、スズキなど)
  • 塩           小さじ1/4
  • 薄力粉         適量
  • オリーブオイル     小さじ2
  • グリーンリーフなど   適量
  • [ソース]
  • ミニトマト       80g
  • みょうが        2個
  • 玉ねぎ         約20g
  • ケッパー        小さじ2
  • オリーブオイル     大さじ1
  • 白ワインビネガー    小さじ1(もしくは赤ワインビネガー)
  • 塩           小さじ1/4
  • イタリアンパセリ    適量(パセリでも)
  • 粗挽き黒胡椒      適量

作り方

ソースにケッパーを加えることで、酸味や香りが増し、深みのある味わいに。玉ねぎは切ってから塩をして水分を抜くことで、水っぽくなったり味がボヤけるのを防げます。
ソースを作る。ミニトマトは1/4に切理、みょうがは縦半分にして小口切りにする。玉ねぎはみじん切りにして、塩をまぶし、水分を抜いてから水にさらして水気をきる。
ケッパーとイタリアンパセリは粗く刻む。
ソースの材料を全て混ぜる。
白身魚に塩少々(分量外)をふり、5分置いて出てきた水分を拭き取る。塩小さじ1/4をふり、薄力粉を薄くまぶす。
フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で白身魚をこんがりと焼く。
器にグリーンリーフなどの葉野菜と白身魚を盛り、③のソースをのせる。

"白身魚のソテー トマトとみょうがのソース"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose
  • オレンジ
    Orange

この料理には、白身魚との色合わせで白ワインでもいいし、トマトとの色合わせでロゼワインでも、お好みの方を合わせてください。
どちらにするとしても、旨味のあるものを選ぶのがオススメ。そうすることで、魚の旨味も引き立ててくれます。
海の近くの産地のものを選ぶと、魚介類と相性が良い確率がグッとあがります。
ソースにしっかり酸味が効いているので、ワインにもフレッシュな酸味があると、美味しいペアリングを楽しめます。

例えばこんなワイン

ペアリングレシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワインのおつまみ研究家
ソムリエ(JSA認定)
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに
日本の「旬食材」や「食文化」を活かした
ワインに合う料理のレシピを考案。
ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」や
ワイン会「ノムリエの会」主宰。
著書「おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド」
(ぴあ)
ブログ「365日ワインのつまみ」
大橋みちこホームページ「MICHIKO KITCHEN」
http://michikokitchen.com