今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

ごぼう(新ごぼう)と梅のバター醤油パスタ

ごぼう(新ごぼう)と梅のバター醤油パスタ

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず パスタ・麺・パン

今日の主役はごぼう。

ごぼうの香りと梅の酸味をいかした、バター醤油味の、食欲そそるパスタをご紹介!

ごぼうって土の香りがして、それがごぼうの一番の魅力。4月〜7月頃は新ごぼうを使っても、とってもおいしくできます。

シンプルだけど、だからこそごぼうの香り高さを味わえるパスタ。
梅と醤油とバターの相性は抜群!
ワインにもピッタリのおつまみパスタです♪

材料

【材料 2人分】

パスタ     200g
ごぼう     1〜2本(約140g)
梅干し     2個
(たたいて大さじ2くらい)
バター     30g
醤油      小さじ2〜3
大葉      5枚
胡椒      しっかりめに

材料写真1

作り方

STEP1

ごぼうの皮を包丁の背でこそげ(新ごぼうの場合は汚れの気になるところだけ取り除くだけでOK)、すりこぎなどで軽く叩いてから、斜めに薄切りにする。梅干しは種を取り除きたたく。大葉は千切りにする。

1
STEP2

フライパンを弱めの中火で熱し、バターの半量を溶かす。バターがとけたら、中火にし、新ごぼうを炒める。火がほとんど通ったら梅も加え混ぜながらさっと炒める。

2
STEP3

パスタは表示の時間より2分短くゆでる。

3
 

②のフライパンに水100ccを入れ、中火にしてフライパンをあおりながら煮立たせる。

4
STEP5

ゆでたパスタの湯をきり、④のフライパンに加えて、水分を吸わせるように混ぜながら煮る。水分がなくなってきたら、残りのバターと醤油を加えて和えるように炒める。仕上げに胡椒をふる。

5

このレシピのコツ・ポイント

①ごぼうを切る前に叩くのがポイント。
こうすることで、梅やバター、醤油の味がごぼうになじみます。

②具材を炒めた後に水を加えて煮立たせてその中でパスタを炒め煮すると、パスタにごぼうのダシが染み込みます!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

白ワインだとごぼうの風味に負けてしまうので赤ワインの方が合わせやすくてオススメ。
でも重すぎてもごぼうの味が消されてしまうので、特にオススメなのはニューワールドのピノ・ノワール。
ニューワールドのピノノワールにありがちな、ほんのりとしたワインの土臭さがごぼうの香りとマッチ!

例えばこんなワイン

ガンマ オーガニック ピノ・ノワール レセルバ

ベサ

ガンマ オーガニック ピノ・ノワール レセルバ

  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ピノノワールならではの梅のような香りや酸味が梅の風味と相性抜群!!ワインの優しい甘みがバター醤油のコクともピッタリです。

シングル・ヴァレー・ロット ピノ・ノワール グラン・レセルバ

ビーニャ・バルディビエソ

シングル・ヴァレー・ロット ピノ・ノワール グラン・レセルバ

  • カジュアルクラス
  • チリ / アコンカグア
  • 赤 / フルボディ
  • スティルワイン
国旗

ピノノワールらしい梅のような風味や、果実の甘みが料理の味わいとマッチ。ふわっとごぼうの香りの余韻が広がります。
ワインのほんのりとした「スパイシーさ」も胡椒のピリッとしたアクセントとピッタリです。