今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ(料理・おつまみ)

パクチー水餃子
by 大橋 みちこ

パクチーたっぷりの水餃子レシピ。さっぱりしていて白ワインにピッタリです。

パクチー水餃子

材料

  • 【材料 2〜3人分】 
  • 豚ひき肉     150g
  • 餃子の皮(大判) 25〜30枚
  • パクチー     30g
  • 白菜       1〜2枚(約100g)
  • ニンニク     1片
  • 生姜       10g
  • オイスターソース 小さじ2
  • 白ワイン     小さじ2(なければ酒)
  • 醤油       小さじ1
  • 塩        小さじ1/3
  • オリーブオイル  小さじ1
  • レモン      適量

作り方

白菜とパクチーに塩をまぶして水分をしっかり抜くのがポイント。具が水っぽくならず、ジューシーに仕上がります。
オイスターソースを使うとコクが出て美味しくなります。
STEP1
白菜はみじん切りにする。パクチーは1cmの長さに切る。ボウルに入れて、塩小さじ1/3をまぶし、5分置く。水分が出てきたらしっかり絞る。
STEP2
ニンニクと生姜もみじん切りにする。
STEP3
ボウルに豚ひき肉、①の白菜とパクチー、②のニンニクと生姜、オイスターソース、白ワイン、醤油、オリーブオイルを入れてよく混ぜる。
STEP4
餃子を包む。まず、スプーンで皮の中心にティースプーン1杯くらいの具を置く。
STEP5
フチに水を塗り、半分に折って、フチを指でおさえてくっつける。
STEP6
端と端をくっつけるように寄せる。
STEP7
端に水をつけて指でおさえてくっつける。
STEP8
フチをくるっと返す。
STEP9
鍋に湯をわかし、餃子を入れて約3分ゆでる。(一度に全部ゆでると、お湯の温度が下がってしまうので何回かに分ける。)お皿に盛り、レモンを添える。

"パクチー水餃子"に合うワイン


  • Red

  • White

  • Sparkling
  • ロゼ
    Rose

このレシピに合わせたいのは、辛口白ワイン。
特に、同系統の香りが楽しめるソーヴィニョン・ブラン種のワインがオススメ。パクチー料理にソーヴィニョン・ブランは定石ともいえるマリアージュです。

例えばこんなワイン

ザ・スプリングス ソーヴィニヨン・ブランザ・スプリングス ソーヴィニヨン・ブラン
アロハ・ニュージーランド・ワインズ
ザ・スプリングス ソーヴィニヨン・ブラン
  • 国旗
  • デイリークラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 辛口
  • スティルワイン
ソーヴィニヨン・ブランならではの爽やかな香りは、パクチーの香りと相性ピッタリ。
ワインのコクやフルーティーさがパクチーのほろ苦さを包み込んで心地よいマリアージュ。
ガンマ オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン レセルバガンマ オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ
ベサ
ガンマ オーガニック ソーヴィニヨン・ブラン レセルバ
  • 国旗
  • デイリークラス
  • チリ / アコンカグア
  • 辛口
  • スティルワイン
パクチーの香りとワインの香りが似ているので相性抜群。ワインに感じるライムなど柑橘の風味が、絞った柑橘の味わいとマッチ。
バルディビエソ ソーヴィニヨン・ブランバルディビエソ ソーヴィニヨン・ブラン
ビーニャ・バルディビエソ
バルディビエソ ソーヴィニヨン・ブラン
  • 国旗
  • デイリークラス
  • チリ / セントラル・ヴァレー
  • 辛口
  • スティルワイン
トロピカルフルーツのようなワインの果実味が、パクチーのほろ苦さを中和させて心地よくマッチ。ジューシーな豚肉のコクとも相性ピッタリです。
ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブランホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン
アロハ・ニュージーランド・ワインズ
ホーム・クリーク マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン
  • 国旗
  • カジュアルクラス
  • ニュージーランド / サウス・アイランド
  • 辛口
  • スティルワイン
ソーヴィニヨン・ブランらしい爽快感がパクチーの香りとマッチ。ジューシーな果実味は、豚肉の肉汁と相性がよく、きゅっと絞ったレモンの酸味とも合います。

レシピ作成者

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。