今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

イワシとトマトのバジルパン粉焼き

イワシとトマトのバジルパン粉焼き
カリカリのバジルパン粉とふっくらイワシ、ジューシーな焼きトマト。軽めの赤ワインにピッタリ!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う 野菜のおかず 魚介のおかず

今回はイワシを使ったイタリア風のおつまみレシピをご紹介。

バジルを混ぜたパン粉をのせてオーブンで焼くと、カリカリの食感に。
中のイワシはふっくらと焼けて、簡単なのに手が込んでいるお料理に見えちゃいます。
一緒に焼いたトマトは甘みが増してジューシーに。
別々に食べてもいいですし、トマトやニンニクをつぶしながらイワシにつけながら食べてもとっても美味しいですよ。

材料

【材料(2人分)】

イワシ     2尾
トマト     2個(小さめのもの)
にんにく    2片(皮つきのまま)
バジル     約4g(大きめの葉だと5枚くらい)
パン粉     20g
オリーブオイル 大さじ1と1/2
塩       小さじ1/5 + 少々
胡椒      適量

材料写真1

作り方

 

オーブンを200℃に余熱する。

1
STEP2

イワシはうろこ、頭、内蔵を取り除き、塩少々をふって5分置く。水分が出てきたらふきとる。

2
STEP3

トマトは半分に切り、バジルはみじん切りにする。

3
STEP4

ボウルにパン粉、バジル、塩小さじ1/5、胡椒、オリーブオイルを入れて混ぜる。

4
STEP5

耐熱容器にイワシとトマトを並べ、上から③のバジルパン粉をかける。にんにくものせる。(天板にクッキングシートを敷いて並べてもOK)

5
 

200℃のオーブンで12〜15分、パン粉がこんがりと色づくくらいまで焼く。そのまま食卓に出してもいいし、お皿に盛ってもいい。

6

このレシピのコツ・ポイント

イワシでなくても、アジやサンマ、サバなど、その時に手に入るお魚で作ってみてください。バジルは乾燥のものを使っても美味しくできますよ。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、重くない赤ワイン。タンニンがやわらかく、酸味も穏やかなワインが合います。バジルやトマトを使っていてイタリア風のお料理なので、イタリアのワインで合わせるのがオススメです。

例えばこんなワイン

エラ シラー オーガニック

カンティーネ・アウローラ

エラ シラー オーガニック

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインの柔らかい口当たりが、イワシやトマトの旨みを引き立てます。程よい酸味が、トマトの甘酸っぱさともマッチ。

フェウド・アランチョ インツォリア

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ インツォリア

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

やわらかいタンニンとジューシーな果実味は、イワシの脂の旨みやトマトの風味とマッチ。バジルの香りが余韻にふわっと香ります。

ドンナ・マルツィア ネグロアマーロ

アジィエンダ・アグリコーラ・コンティ・ゼッカ

ドンナ・マルツィア ネグロアマーロ

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

熟したベリー系の果実味が、焼いて甘みが出てたトマトの風味とマッチ。程よいボリューム感でイワシの旨みを引き立てます。

ヴェント ロッソ P

トッレヴェント

ヴェント ロッソ P

  • デイリークラス
  • イタリア / プーリア
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

やわらかくジューシーな果実味が、焼いたトマトの甘酸っぱい風味と好相性。ボリューム感も程よく、イワシやバジルの風味を引き立てます。

キアンティ

アジィエンダ・アグリコーラ・グラーティ

キアンティ

  • デイリークラス
  • イタリア / トスカーナ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

サンジョベーゼならではの甘酸っぱい果実味が、焼いて甘みの増したトマトと相性抜群。程よい酸味とボリューム感でイワシの旨みや脂の風味を引き立てます。

ムスケン

アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ

ムスケン

  • カジュアルクラス
  • イタリア / マルケ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ワインのふくよかな果実味や旨みは、イワシの旨みを引き立ててくれます。焼いたトマトの甘酸っぱさとワインの酸味も抜群の相性。

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

アルティーガ・フステル

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レセルバ

  • デイリークラス
  • スペイン / アラゴン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

熟成により柔らかくなった酸味や果実味は、焼いたトマトの甘酸っぱさと抜群の相性。程よいボリューム感で、イワシの旨味を引き立てつつ、臭みを感じさせない美味しいマリアージュ。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。

口コミ

イワシが捌けるか心配ですが、近所のスーパーで内臓を取ってくれるそうなので作ってみます!
2016/09/07by とだちゃん
このお料理とワインの合わせ方、さすがです!お料理も美味しそう〜
2016/09/05by イマジュン☆