WINELINK -今日の美味しいを探しに行こう。-

  • Google
  • APPLE
  • Wine-Linkとは?

プロによるワインに合うレシピ

鯛のアクアパッツァ

鯛のアクアパッツァ
鯛とアサリの旨味が染み出たスープが最高!

by 大橋 みちこ

白ワインに合う 鍋もの 魚介のおかず

簡単なのに豪華に見える料理の代表、アクアパッツァ。
煮る時間も経ったの5分なので、あっという間に完成。お鍋やフライパンごとテーブルに出せば、とっても華やか。
鯛は丸ごとでも、切り身でもお好みの方で作れますよ♩

材料

【材料 2人分】

鯛        1尾(250〜300g。切り身2切れでもOK)  
  塩      ふたつまみ

アサリ      約220g
ミニトマト    8個(約90g)
ケッパー     大さじ1/2
にんにく     1片
白ワイン     大さじ1と1/2
水        100cc
イタリアンパセリ 適量
塩        適量
胡椒       適量

材料写真1

作り方

STEP1

アサリの砂抜きをする(50℃のお湯に5分つけてざるにあげると短時間で済む)。

1
STEP2

魚は内蔵を取り、洗って水気をよくふく。両面に塩ひとつまみずつをふって5分おく。水分が出てきたらペーパータオルでふく。

2
STEP3

ミニトマトは半分に切り、ケッパーは粗みじん切りにする。

3
STEP4

ニンニクは半分に切って芽を取り除き、つぶす。イタリアンパセリはみじん切りにする。

4
STEP5

鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で熱して香りを出す。

5
 

強めの中火で魚の両面を焼く。指やフライ返しで抑えながら焼くときれいに焼ける。(ニンニクは焦げそうだったら取り除く。)

6
STEP7

焼き色がついたら(鯛は左側が頭になるように)、ドライトマト、あさり、ケッパー、白ワイン、水を加える。

7
STEP8

沸騰したら中火にし、ふたをして5分煮る。あさりの殻が開いて煮汁にとろみがでたら、塩胡椒で味を整える。イタリアンパセリを散らす。

8

このレシピのコツ・ポイント

アサリに塩分がしっかりあるので、全体の味を調整するのは最後にしましょう!
ニンニクは焦げないように注意です!

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、辛口の白ワイン。お魚や貝の旨味がたっぷり出ていますので、海の近くで作られているような旨味を感じるワインがオススメです。

例えばこんなワイン

マストロ ビアンコ カンパーニア

マストロベラルディーノ

マストロ ビアンコ カンパーニア

  • カジュアルクラス
  • イタリア / カンパーニア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの優しい果実味や旨味と、鯛の淡白の質感がマッチ。瑞々しくフルーティーな味わいは、トマトの風味とも相性抜群。

ナイロア

ボデガス・ナイロア

ナイロア

  • デイリークラス
  • スペイン / ガリシア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインのミネラル感が、アサリの旨味を引き立てます。キリッとした酸味はトマトの酸味とマッチ。

フェウド・アランチョ インツォリア

フェウド・アランチョ

フェウド・アランチョ インツォリア

  • デイリークラス
  • イタリア / シチーリア
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

キリッとしたワインの酸味が、トマトの甘酸っぱさとマッチ。旨味をしっかりと感じるので、アサリや鯛の旨味とよく合います。

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

ピエロ・マンチーニ

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

  • カジュアルクラス
  • イタリア / サルデーニャ
  • 白 / 辛口
  • スティルワイン
国旗

ワインの柑橘系果実を思わせる酸味は、トマトやケッパーの酸味とマッチ。旨味もあるので、アサリや鯛とも相性抜群です。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。