今日の美味しいを探しに行こう。 - 身近にツナガル、ワインの世界。

販売店・飲食店の方

プロによるワインに合うレシピ

牡蠣の牛肉巻き  オリーブ風味

牡蠣の牛肉巻き オリーブ風味
牡蠣と牛肉、旨味と旨味の饗宴!

by 大橋 みちこ

赤ワインに合う お肉のおかず 魚介のおかず

牡蠣と牛肉。
どちらも主役級の食材を共演させた美味しいおつまみレシピをご紹介。

ぷりぷりの真牡蠣を牛肉で巻いてニンニクをきかせたバターで焼いて醤油で味付け。
これだけでも十分美味しいけれど、オリーブの風味をきかせると、ワインが止まらない味に。

赤ワインに最高のおつまみです♪

材料

【材料 2人分】

牡蠣       8個(約200g)
牛肉薄切り    8枚(約170g)
黒オリーブ    25g(種ぬきの状態)
ニンニク     1片
粒マスタード   小さじ1と1/2
塩        ひとつまみ
赤ワイン     大さじ1+大さじ1
醤油       大さじ1/2
バター      10g
胡椒       適量
添える野菜    適量
(今回はクレソンを使用)

材料写真1

作り方

 

牡蠣は汚れが気になるようであれば、塩水でさっと洗ってペーパータオルでしっかり水気を拭き取る。

1
STEP2

オリーブは細かく刻み、おろしにんにく、粒マスタード、塩ひとつまみと共に器に入れて混ぜる。

2
STEP3

牛肉に②の1/8量を塗り、牡蠣をのせて巻く。

3
STEP4

8個とも同じように巻く。

4
STEP5

フライパンを中火で熱し、バターを溶かす。

5
STEP6

バターが溶けたら④の牛肉巻きを並べ、両面こんがりと焼く。周りが焼けたら赤ワイン大さじ1を加えて、蓋をして1分半弱火で蒸し焼きにする。

6
STEP7

蓋を取り、赤ワイン大さじ1と醤油を加えて中火にし、絡めながら炒める。

7
 

お皿に野菜と⑥を盛り、胡椒をふる。

8

このレシピのコツ・ポイント

刻んだオリーブを中に巻いて、香りをプラス。ご飯に合う味から、ワインが飲みたくなる味わいに。マスタードの酸味を効かせるのもポイントです。

この料理に合うワインのタイプ

  • スパークリングワインに合う料理
  • 白ワインに合う料理
  • ロゼに合う料理
  • 赤ワインに合う料理

このレシピに合わせたいのは、ミディアムボディの赤ワイン。
牡蠣の旨味、牛肉の旨味とダブルの旨味なので、ワインも旨味を感じるものや複雑な味わいのものを。
醤油バターの風味も赤ワインとは相性がいいし、オリーブの香りももちろんワインとは合います。

例えばこんなワイン

ムスケン

アジィエンダ・アグリコーラ・セルヴァグロッサ

ムスケン

  • カジュアルクラス
  • イタリア / マルケ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

旨味を感じるワインで、牡蠣の旨味や牛肉の旨味とマッチ。サンジョベーゼらしい酸味はマスタードの酸味とも相性まる。

ピノ・ノワール スブソルム

クロ・デ・フ

ピノ・ノワール スブソルム

  • カジュアルクラス
  • チリ / -
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

ミネラル感豊かなワインで、牡蠣の旨味にもマッチ。繊細な酸味とマスタードの酸味も心地よくマリアージュ。

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

ドメーヌ・ポール・マス

ラ・フォルジュ・エステイト ピノ・ノワール

  • カジュアルクラス
  • フランス / ラングドック&ルーシヨン
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

牡蠣と牛肉を受け止める旨味があり、ボリューム感も料理とぴったり。程よい酸味とマスタードもマッチ。

ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ 赤

メゾン・ジャン・フィリップ・マルシャン

ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ 赤

  • スーペリアクラス
  • フランス / ブルゴーニュ
  • 赤 / ミディアムボディ
  • スティルワイン
国旗

芳醇な果実味が牛肉の旨味、牡蠣の旨味を引き立てます。ボリューム感もマッチし、マスタードの酸味とワインの酸味も好相性。

レシピ作成者

大橋 みちこ

大橋 みちこ

ワイン×料理研究家。
「世界のワインと日本の食のマリアージュ」をコンセプトに、日本の「旬食材」や「食文化」を活かした、ワインに合う料理のレシピを多数考案。ブログ「365日ワインのつまみ」にて発信。ワインを楽しむ料理教室「マリアージュキッチン」やワイン会「ノムリエの会」主宰。